確認済みのサードパーティ製アプリとは

確認済みアプリとは、セキュリティとプライバシーの要件に準拠していることが Google によって確認されたアプリのことです。Google によって確認されていないサードパーティ製アプリには、制限が適用されることがあります。ただし、よく使われている多くのアプリでも、確認済みとして表示されない場合があります。

アプリ デベロッパーやユーザーがサードパーティ製アプリを確認するにはどうすればよいですか?

OAuth API アプリケーションの確認に関してよくある質問についてのページをご覧のうえ、API デベロッパー コンソールから確認のリクエストを送信してください。

サードパーティ製アプリが未確認となるのはなぜですか?

Google はサードパーティ製アプリの確認プロセスを実装することで、セキュリティとプライバシーに関する信頼性と一貫性の確保を支援しています。アプリの確認プロセスが完了しない理由には、次のものが考えられます。

  • アプリ デベロッパーが機密データにアクセスしていないため、まだアプリ確認のリクエストを送信する必要に迫られていない。
  • アプリ デベロッパーが機密データにアクセスしているにもかかわらず、確認をまだリクエストしていない。
  • アプリ デベロッパーが、サポート対象外となっている種類のアプリケーションを使用しているか、使用制限に関する要件を満たしていないため、機密データにアクセスしているが、アクセスを拒否されている(詳しくは、Google API サービスのユーザーデータ ポリシーをご覧ください)。

サードパーティ製アプリの確認済みステータスを確認する

Google 管理コンソールの [アプリのアクセス制御] ページで、サードパーティ製アプリの確認済みステータスを確認できます。

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく管理者アカウントの認証情報を使ってログインしてください。
  2. [セキュリティ] > [API の制御] に移動します。
  3. [サードパーティ製アプリのアクセスを管理] をクリックします。
    このページにあるアプリの表で、アプリの確認済みステータスを確認できます。各アプリは、[Google により確認済み] または [Google 未確認] と表示されます。

信頼できるアプリのリストにアプリを登録する

制限が適用される未確認のサードパーティ製アプリのインストールは、そのアプリが信頼できるものであることを示さない限り、ブロックされます。[アプリのアクセス制御] ページで、サードパーティ製アプリのリストを確認し、信頼するアプリを指定して、ユーザーによるインストールを許可します。詳細と手順については、Google Workspace のデータにアクセスできるサードパーティ製アプリと内部アプリを制御するをご覧ください。

サードパーティ製アプリを信頼すると、そのアプリが Google によって確認済みであるかどうかにかかわらず、ユーザーはアプリを新規に入手してインストールできるようになります。また、API 制御を使用して制限した任意の Google Workspace API(OAuth 2.0 スコープ)にもアプリからアクセスできるようになります。


 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false