組織のタグを管理する

この機能は、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite Enterprise でご利用いただけます。エディションの比較

タグを使用すれば、興味のあるトピックのコンテンツを簡単に検索したり、フォローや分類したりすることができます。Currents を導入する前にドメインにタグをアップロードしておくと、組織の一般的なトピックのベースラインが確立され、類似タグの混在を防ぐことができます。

タグ名の前には「#」をつけます。タグ名の 1 文字目では文字を、2 文字目以降では文字、数字、「-」(ハイフン)、「_」(アンダースコア)のみを使用する必要があります。ハッシュタグの文字数は最大 128 文字です。

注: どのユーザーも、投稿またはコメントする際に新しいタグを作成できます。

タグを作成する一般的なユースケース:

  • 組織固有の用語や、会社の用語集や商品カタログのアイテムなど、ドメイン内でよく話題となるトピックのタグを作成します。

    例: #リーダーシップ アナウンス、#四半期レビュー

  • 組織のフォーラムやコミュニティ(既存の Google グループや Currents コミュニティなど)から、幅広く関心を集めているトピックのタグを作成します。タグを使用すると大人数のグループとコミュニケーションを取ることができ、コミュニティでは小人数のグループとコミュニケーションを取ることができます。

    例: #ヘルス&ウェルネス、#GSuiteのヒント

タグを管理する

  1. Currents ホームページのメインメニューで、[管理ツール] をクリックします。

  2. [タグ] タブでは、次のことができます。

    • すべてのタグをブラウジングまたは検索する - 組織で現在使用されているタグをスクロールでブラウジングします。ページ上部の [タグ] タブで、検索アイコンをクリックしてタグを検索します。

    • タグを一括アップロードして管理する - .txt ファイルにタグ(# はつけてもつけなくてもよい)を 1 行に 1 つずつ入力して、必要なタグを追加します。タグにはスペースや特殊文字は使用できません。また、英字で始める必要があります。次に、[タグ] タブで [タグのアップロード] をクリックし、作成した .txt ファイルを選択して [アップロード] をクリックします。

    • タグの順位を下げる - タグがオートコンプリートの候補や急上昇アイテムのタグとして表示されないように、タグの横にあるチェックボックスをオンにして [除外] をクリックします。注: ユーザーが投稿またはコメントするときに、順位を下げてあるタグを入力することは可能です。

    • タグの順位を事前に下げておく - タグをアップロードしたら、すぐにその横のチェックボックスをオンにして [除外] をクリックします。

    • タグの順位下げを取り消す - 順位を下げたタグの横にあるチェックボックスをオンにして、[許可] をクリックします。

タグ プロモーションを無効にする

タグ プロモーションを有効にすると、

  • 投稿でタグを作成する際に、Currents が自動的にタグの候補を表示します。
  • ユーザーはタグをフォローできます。
  • 投稿内のタグをクリックすると、そのタグの検索結果が表示されます。

タグ プロモーションを無効にすると、すべてのタグが通常のテキストとして扱われます。タグ プロモーションはデフォルトで有効になっています。タグ プロモーションを無効にするには、次の操作を行います。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Currents] にアクセスします。
  3. [設定] [設定] をクリックします。
  4. [タグ プロモーション] の横にある編集アイコン 編集 をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。


: タグを無効にしても、ストリームを有効にして使用できます。詳しくは、組織のタグを管理すると、ストリームの管理に関する次のセクションをご参照ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。