App Maker の提供終了に向けた対応のご案内

最終更新: 2020 年 2 月 12 日

App Maker サービスの提供は 2021 年 1 月 19 日に終了します。これに備えて、既存のアプリをご確認ください。

  • 使用していないアプリについては、次のセクションのスケジュールに沿って動作が停止します。
  • 使用中のアプリについては、別のサービスに切り替える必要があります。アプリを別のプラットフォームにそのまま移行することはできませんが、AppSheet、Apps Script、Google フォーム、App Engine にも代替となる機能が多数あります。詳しくは以下をご覧ください。

スケジュール

日程 影響
2020 年 1 月 27 日
  • 既存のアプリは引き続き動作しますが、App Maker の積極的な開発は終了します。重要なバグへの対応は行います。
2020 年 4 月 15 日
  • デベロッパーは App Maker アプリを新規作成できなくなります。
2021 年 1 月 19 日
  • 既存の App Maker アプリが動作しなくなります。

  • Cloud SQL に保存された App Maker データはそのまま維持され、引き続き GCP アカウントで設定されたポリシーに沿って管理されます。

App Maker の代替サービス

App Maker で使用されるソースコードの特性により、アプリをそのまま別のプラットフォームに移行することはできません。おすすめの方法は次のとおりです。

  • 業務の自動化のために App Maker をご利用のお客様: AppSheet をご利用ください。AppSheet は Google の新しいアプリケーション開発サービスで、App Maker と類似の機能を備えたコード不要のツールです。AppSheet は App Maker のデータが保存されている Cloud SQL のデータベースに対応しているため、お客様の App Maker アプリに紐付けられている既存のデータベース上にアプリケーションを構築できます。

    AppSheet の特別価格と既存のアプリの移行方法に関する詳細については、App Maker to AppSheet Transition Guide をご覧ください。現在 App Maker をご利用のお客様は、AppSheet でカスタムプランをご利用いただけます。
  • アプリケーション開発のために App Maker をご利用のお客様: App Engine のフルマネージド プラットフォームでアプリケーションを構築、デプロイしてください。App Maker のデータは Cloud SQL に保存されているため、お客様の App Maker アプリに紐付けられた既存の Cloud SQL データベース上に App Engine アプリを構築できます。

  • データ収集のために App Maker をご利用のお客様: Google フォームをご利用ください。フォームの機能は、App Maker の提供開始当時よりも充実しています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。