ユーザーのパソコンをモニタリングする

管理者は、ノートパソコンやデスクトップ パソコンでユーザーが管理対象アカウントにログインした日時を確認できます。管理の種類、デバイスの種類、機種、オペレーティング システム(OS)など、パソコンの詳細情報も表示されます。

管理の種類について

パソコン デバイスの管理にはさまざまな種類があります。パソコンの管理の種類に応じて、ユーザーをリモートでログアウトする、企業データへのアクセスをブロックするなど、パソコンに対する操作を行うことができます。

  • 基本管理 - Chrome OS、Apple® Mac®、Linux®、Microsoft® Windows® 搭載パソコンでサポートされます。Google 管理コンソールでは、パソコンで管理対象アカウントにログインした日時や、パソコンの基本情報を確認できます。管理者は必要に応じてユーザーをリモートでパソコンからログアウトできます。そのためにユーザーが何かをインストールする必要はありません。会社データを 180 日間同期しなかったパソコンについては、管理コンソールに情報が表示されなくなります。詳しくは、ノートパソコンとデスクトップ パソコンのデバイス詳細情報を表示するをご覧ください。
  • Endpoint Verification - パソコンで管理対象アカウントにログインすると、そのパソコンの詳細情報が表示されます。Access Context Manager を使用すると、パソコンをブロックして企業データにアクセスできなくすることができます。Endpoint Verification を使用するには、Google 管理コンソールで有効にし、ユーザーのパソコンの Chrome ブラウザに拡張機能を追加する必要があります。詳しくは、Endpoint Verification を有効または無効にするをご覧ください。
  • ドライブ ファイル ストリーム -(G Suite のみ)ドライブ ファイル ストリームを使用して組織のドライブ ファイルにアクセスするパソコンを確認、ブロックできます。詳しくは、ドライブ ファイル ストリームを導入するをご覧ください。

管理の種類を切り替える場合

基本管理対象のパソコンで、Endpoint Verification など別の管理の種類が使用されると、このデバイスリスト項目がアーカイブされ、新しい管理の種類の項目が新規作成されます。

注:

  • このデバイスはアーカイブ後 180 日間管理コンソールで確認できます。
  • デバイスに複数種の管理が適用されている場合は、複数のリスト項目として表示されることもあります。
  • アーカイブ済みのデバイスリスト項目に対して、ユーザーのログアウトなどの操作を行うことはできません。代わりに、新しいデバイスリスト項目を見つけ、そのデバイスに対して操作を行います。

Endpoint Verification を使用する場合

Endpoint Verification を使用すると、企業データにアクセスしているパソコンに関する詳細情報を確認できます。たとえば、パソコンにパスワードが設定されているかどうかがわかります。Endpoint Verification を使用して Access Context Manager でアクセスレベルを設定することもできます。

パソコンに Endpoint Verification をインストールしていないユーザーに、インストール依頼のメールを送信することができます。詳しくは、Endpoint Verification をインストールしていないユーザーを探すをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。