セキュリティ ルールの表示と管理

G Suite 管理者は Google 管理コンソールでルールを設定できます。ルールを設定するには、ルールの条件と、その条件が満たされたときに実行する操作を指定します。ルールとは、x が発生したら自動的に y を実行する、というシンプルなものです。

Google 管理コンソールでは、アクティビティ ルール、システム定義ルール、レポートルールなど、複数のルールの種類をさまざまな場所から確認できますが、新しいルール構造の導入により、それらのルールを管理コンソールの [セキュリティ] > [セキュリティ ルール] から集約的に管理できるようになりました。 

セキュリティ ルールの仕組みと [セキュリティ ルール] ページへのアクセス方法については、以下のセクションをご覧ください。

[セキュリティ ルール] ページを表示する

[セキュリティ ルール] ページを表示するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 上部のメニュー アイコン メニュー をクリックし、[セキュリティ] 次に [セキュリティ ルール] を選択します。

[セキュリティ ルール] ページには、ルールごとに次の詳細情報が表示されています。

  • 名前 - ルールの名前と説明
  • アラート - アラートの有効または無効を指定します
  • 操作 - ルールの条件が満たされた場合にトリガーされる操作を指定します(メールを検疫する、迷惑メールに分類する、メールを削除する、メール通知を送信するなど)
  • ルールの種類 - アクティビティ ルール、レポートルール、システム定義のルールなど、ルールの種類を指定します(詳細については、以下のセクションをご覧ください)
  • 最終更新 - ルールの作成日時またはルールの最終変更日時

ルールの種類について

  • アクティビティ ルール - ドメイン管理者がセキュリティ調査ツールを使用して作成したカスタムルール。このルールを使用すると、ドメイン内のアクティビティに応じて操作を自動実行できます。
  • レポートルール - ドメイン管理者が作成したカスタムルール。以前はカスタム レポートのアラートと呼ばれていたアラートが、[セキュリティ ルール] ページのレポートルールの種類で管理されるようになりました。これらのルールを使用して、ドメイン内で特定のアクティビティが発生したときに通知を受け取ることができます。
  • システム定義のルール - Google が提供するデフォルトのルール。これらのルールを使用して、ドメイン内で特定のアクティビティが発生したときに通知を受け取ることができます。

[セキュリティ ルール] ページから新しいルールを作成する

新しいセキュリティ ルールは、[セキュリティ ルール] ページから直接作成できます。

  1. ページの右上にある [新しいアクティビティ ルールを追加] をクリックします。
    注: レポートルールについては、引き続き管理コンソールの [レポート] > [監査] からも新規作成できます。
  2. ルール作成ウィザードの手順に沿って操作します。
     
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。