Cloud Search の利用状況レポートを確認する

組織の Cloud Search の利用状況に関するレポートを確認できます。レポートには、「ユーザーの利用状況」と「データソース」の 2 種類があります。

ユーザーの利用状況レポートを確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで [レポート] をクリックします。
    [レポート] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側の [アプリ] > [Cloud Search] で、[ユーザーの利用状況] をクリックします。アクティブ ユーザークエリ数検索セッション数のレポートを開くことができます。
    • カスタム検索アプリのデータを取得するには、[すべてのアプリケーション] をクリックし、データを取得するカスタム アプリケーションを選択します。
    • 別の期間のデータを取得するには、[過去 7 日間] をクリックして別の期間を選択します。

データソース レポートを確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで [レポート] をクリックします。
    [レポート] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側の [アプリ] > [Cloud Search] で、[データソース] をクリックします。提供されているアイテムステータス別アイテムのレポートを開くことができます。
    • 別の期間のデータを取得するには、[過去 7 日間] をクリックして別の期間を選択します。

特定のデータ系列の表示

レポート内のデータ系列を削除するには、凡例でそのデータ系列の名前をクリックします。たとえば、レポートの他のデータ系列と比較して大きすぎるデータ系列は除外することができます。凡例をクリックして該当する系列を削除すると、目盛りを変更したレポートが再描画され、残りの系列の詳細を確認できるようになります。

削除した系列を復元するには、凡例で系列名をもう一度クリックします。

データの詳細と定義

  • 過去 7 日間: 今日を除く 7 日間のデータです。

  • 過去 N か月間: 過去 N×30 日分のデータです。今日は含まれません。

  • ユーザーの利用状況レポートの場合

    • N 日間のアクティブ ユーザー: 今日を除く過去 N 日間に 1 つ以上の検索クエリを実行した、一意のログイン ユーザー。

    • 検索クエリ数: クエリを繰り返した場合(絞り込み検索)は、個別のクエリとしてカウントされます。
      検索候補: クエリを入力すると検索候補が表示され、探しているコンテンツが見つかりやすくなります。オートコンプリートされた候補は、いずれかの候補をクリックした時点で検索クエリ数にカウントされます。

    • 検索セッション: セッションは、ユーザーが最後に検索クエリを行ってから、または検索結果をクリックしてから 5 分間継続します。その後にクエリを行うと、新しいセッションが開始します。

    • クリックが発生したセッションの割合: ユーザーが 1 つ以上の結果をクリックしたセッションの割合。

  • データソース レポートの場合

    • 提供されているアイテム: 検索結果に表示される可能性のあるドキュメント(ステータスが「承認済み」または「変更済み」であるなど)。

    • ステータス別アイテム: ステータスの定義をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。