組織のビデオ通話を無効にする

Google Meet を無効にすると、組織内のユーザーはビデオ会議を作成できなくなります。ただし、他のユーザーが作成した Meet ビデオ会議には参加可能です。

会議の作成のみを無効にする

新しい Meet のビデオ会議の作成を許可せず、他のユーザーが作成した Meet のビデオ会議に参加することをユーザーに許可する方法

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google Meet] に移動します。
  3. [Meet の動画設定] をクリックします。
  4. [サービスのステータス] で下矢印アイコン をクリックします。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  6. [オフ(すべてのユーザー)] を選択します。
  7. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。

 注: 通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

 

 

ビデオ通話を無効にした場合の設定の変更

組織でビデオ会議を無効にした場合、Meet の利用方法によっては設定を追加で変更する必要があります。

Outlook 用 Meet アドインを削除する

Microsoft ® Outlook ® 用の Google Meet アドインをインストールしてある場合は、アドインを無効にするか、削除する必要があります。Outlook のアドインを無効にする方法について詳しくは、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

Jamboard でビデオ会議を無効にする

Jamboard をビデオ会議に使用している場合は、ビデオ会議を無効にします。

会議室リソースの詳細を変更する

ビデオ会議の詳細情報を会議室リソースに追加していた場合は、ユーザーが利用できる内容が正確に反映されるよう、リソースの情報を更新してください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ビルディングとリソース]。
  3. [リソース管理] をクリックします。
  4. 会議室リソースをクリックします。
  5. [詳細] または [設備や機能] をクリックして情報を編集します。
  6. [保存] をクリックします。

データポータルのレポートを削除する

Google データポータルでビデオ会議データのレポートを作成していた場合は、それらのレポートを削除する必要があります。詳しくは、レポートを削除するをご覧ください。

ホワイトリストから Meet サーバーを削除する

Meet のメディア サーバーをホワイトリストに登録している場合は、必要に応じて削除できます。詳しくは、ネットワークを準備するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。