G Suite ステータス ダッシュボードをユーザー向けにカスタマイズする

G Suite ユーザーは、G Suite ステータス ダッシュボード(gsuite.google.com/dashboard)で自分の G Suite サービスやその他のアプリを簡単に見つけて開くことができます。

ダッシュボードのユーザー向け画面表示

ダッシュボードにはユーザーの G Suite コアサービス(Gmail など)と、Google 管理コンソールで管理者がインストールまたはオンにしたアプリが表示されます。ユーザーは、インストールしたアプリを開いたり、承認済みのアプリをインストールしたりすることができます。

ユーザーはダッシュボードの上部にある検索バーを使用して、自分のアプリをすばやく見つけることができます。

[利用可能なアプリ] では、インストールしたアプリを開くことができます。最初に G Suite コアサービスが表示され、その後に他のアプリがアルファベット順に表示されます。注: アプリを非表示にしたり、アプリの順序を変更したりすることはできません。

[承認済みアプリ] には、すべてのユーザーが自分でインストールできる G Suite Marketplace アプリが表示されます。承認済みアプリをクリックすると、G Suite Marketplace に移動します。アプリを検索して、表示された手順でインストールします。

ダッシュボードの下部では、G Suite ラーニング センターで使い方のヒントを確認したり、G Suite Marketplace でアプリを検索したり、Google のアプリを確認したりすることができます。

ダッシュボードに表示されない項目:

  • G Suite Marketplace のアドオン、内部用 App Maker アプリとアドオン。アドオンはアプリから開きます。
  • Google 広告、Google マイビジネス、Google AdSense
  • Google アナリティクス
  • Google 管理コンソール

ダッシュボードにアプリを追加する

アプリのタイプ ダッシュボードに追加する方法
G Suite コアサービス

グループまたは組織部門に対してコアサービスをオンにします。ユーザーのダッシュボードでは、サービスの追加または削除は自動的に行われます。

手順については、G Suite ユーザー向けにサービスを有効または無効にするをご覧ください。

SAML 対応 SSO アプリ

組織部門に対してアプリをオンにします。

手順については、統合対応 SAML アプリの一覧をご覧ください。

G Suite Marketplace アプリ

ドメイン、組織部門、または管理者アカウントに対してアプリをインストールします。オプションはアプリによって異なります。

手順については、ドメイン内に G Suite Marketplace アプリをインストールするをご覧ください。

ダッシュボードをユーザー向けにカスタマイズする

ダッシュボードをユーザー向けにカスタマイズする手順をいくつかご紹介します。

  1. ユーザーに表示されるサポート情報(アプリのリクエスト方法など)をカスタマイズします。 
    注: ユーザーハブ用にカスタマイズしていた情報は、自動的にダッシュボードに反映されます。 
    1. gsuite.google.com/dashboard に移動します。
    2. 右上にある [管理者のメッセージを追加] をクリックします。Google 管理コンソールが開きます。
      注: [ドメインの設定] の管理者権限が必要です。
    3. [アカウント設定] 次に [プロファイル] 次に [サポート メッセージ] をクリックします。
    4. カスタム メッセージを入力して、[保存] をクリックします。
      注: HTML 形式はサポートされていないため、メッセージはプレーン テキスト形式で表示されます。ただし、Enter キーを使っての改行は可能です。また、URL を入力すると、自動的にリンクに変換されます。
  2. すべてのユーザーに G Suite Marketplace アプリのインストールを許可するかどうかを決定します。ユーザーによるインストールは G Suite for Education の各エディションではデフォルトでオフになっていますが、他の G Suite のエディションではオンになっています。詳しくは、G Suite Marketplace アプリをホワイトリストに登録するをご覧ください。
  3. ユーザーが G Suite Marketplace で内部用 App Maker アプリを検索してインストールし、ダッシュボードの [利用可能なアプリ] からアプリを開けるようにするかどうかを決定します。詳しくは、アプリ プロジェクト ファイルへのアクセス制御に関する記事G Suite Marketplace で App Maker アプリを公開するをご覧ください。
  4. ユーザーのためにダッシュボードへのクイックリンクを設定します。Chrome ブラウザのブックマークまたはデスクトップ ショートカットを追加します。
  5. ヘルプセンターの G Suite ステータス ダッシュボード スタートガイドをユーザーに案内します。

ダッシュボードまたはアプリ ランチャーの使用

必要に応じて、次の情報をユーザーと共有してください。

ユーザーがアプリを開くには、ダッシュボードか、ユーザーのウィンドウの右上にあるアプリ ランチャー アイコン "" のいずれかを使用できます。使用するアプリが多い場合は、ダッシュボードのご利用をおすすめします。

アプリ ダッシュボードで
開く
アプリ ランチャーで
開く
G Suite コアサービス
その他の Google サービス
(Google 広告など)
 
SAML 対応 SSO アプリ
G Suite Marketplace アプリ
ユーザーによるインストールが許可されているアプリ  
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。