インストールと準備

省略可: GCDS を更新する

旧バージョンの Google Cloud Directory Sync (GCDS)を使用している場合、ツールを最大限に活用できないことがあります。

Google では、随時新しいバージョンの GCDS をリリースしています。新機能や修正が反映されている、最新バージョンをインストールすることをおすすめします。最新バージョンの GCDS の追加機能と改善点については、Google Cloud Directory Sync の新機能をご参照ください。

: Google Cloud サポートでは、最新バージョンの GCDS で見つかった問題に関するサポートのみをご提供しています。

GCDS の更新には 2 つの方法があります。ほとんどの場合、GCDS 設定のインプレース アップグレードを利用することができます。ただし、組織で既存の設定を運用したまま、最新バージョンの設定とテストを行う場合は、後述のサイドバイサイド更新をご利用ください。

通常、新しいバージョンの GCDS が既存の同期結果に影響を及ぼすことはありませんが、念のため、設定が正しいことを常に確認してください。

GCDS のインプレース アップグレード

既存の GCDS 設定を更新する方法は次のとおりです。

  1. 更新後に確認しなければならない変更点が少なくなるように、手動で GCDS の同期を行います。詳細
  2. 使用しているプラットフォームに適した GCDS バージョンをダウンロードします。
  3. インストーラを実行し、表示される手順に従って GCDS をインストールします。

    GCDS がインストール済みのパソコンでインストーラを実行すると、既存の GCDS が検出され、アップグレードするよう提案されます。

  4. GCDS のインストールが完了したら、GCDS の設定マネージャーを起動します。
    1. [File] 次に [Open] を選択して、既存の XML 設定ファイルを読み込みます。
    2. 設定ファイルの設定を確認して保存します。

      注: 更新後の GCDS を使用して XML 設定ファイルを保存するまでは、同期を実行できません。

  5. 同期シミュレーションを実行して、提案された変更を確認します。詳細

    望ましくない変更が含まれる場合は、設定を確認して修正し、XML ファイルを保存します。

  6. スケジュール設定されたタスクや cron ジョブを使用して GCDS を実行する場合、意図したとおりに同期が行われるようにするには、ジョブ スケジューラを手動でトリガーしてください。

    これは、GCDS の設定に使用したものとは異なるシステム ユーザーでジョブ スケジューラ ユーティリティを実行する場合に特に重要です。

GCDS のサイドバイサイド更新

別のバージョンの GCDS をインストールする方法は次のとおりです。

  1. 更新後に確認しなければならない変更点が少なくなるように、手動で GCDS の同期を行います。詳細
  2. 使用しているプラットフォームに適した GCDS バージョンをダウンロードします。
  3. インストーラを実行し、表示される手順に従って GCDS をインストールします。
    1. GCDS がインストール済みのパソコンでインストーラを実行すると、既存の GCDS が検出され、アップグレードするよう提案されます。
    2. 既存のバージョンを削除しないように、[No, install into a different directory] を選択して、新しいバージョンを別の場所にインストールします。
  4. GCDS のインストールが完了したら、GCDS の設定マネージャーを起動します。
    1. [Help] 次に [About Google Cloud Directory Sync] を選択して、新しいバージョンの GCDS を使用していることを確認します。
    2. [File] 次に [Open] を選択して、既存の XML 設定ファイルを読み込みます。
    3. 設定ファイルの設定を確認し、新しい名前を付けて保存し、新バージョンの GCDS の設定ファイルを作成します。

      注: 新しいバージョンの GCDS を使用して XML 設定ファイルを保存するまでは、同期を実行できません。

  5. 同期シミュレーションを実行して、提案された変更を確認します。詳細

    望ましくない変更が含まれる場合は、設定を確認して修正し、XML ファイルを保存します。

    注: GCDS で Google Workspace ディレクトリ全体を参照できるように、同期シミュレーションを実行するときに [Clear cache] を選択します。

  6. スケジュールされたタスクや cron ジョブを使用して GCDS を実行する場合、意図したとおりに同期が行われるようにするには、GCDS を新しいバージョンに更新してからジョブ スケジューラを手動でトリガーしてください。

    これは、GCDS の設定に使用したものとは異なるシステム ユーザーでジョブ スケジューラ ユーティリティを実行する場合に特に重要です。

  7. 古い設定ファイルによる望ましくない変更を防ぐために、旧バージョンの設定ファイルが無効になっていることを確認します。たとえば、旧バージョンの設定ファイルの名前を sync.xml から sync-DISABLED.xml に変更します。
  8. 新バージョンが意図したとおりに動作していることを確認したら、混乱を防ぐために旧バージョンをアンインストールします。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false