Gmail のレポートと BigQuery について

この機能は、G Suite EnterpriseG Suite Enterprise for Education でのみご利用いただけます。これらのライセンスのいずれかをお持ちのユーザーのみがこの機能を使用できます。ライセンスは、個々のユーザー、組織部門内のすべてのユーザー、または G Suite アカウントのすべてのユーザーに割り当てることができます。詳しくは、ライセンス割り当ての仕組みをご覧ください。

G Suite には、メールレポートを作成するために Gmail ログを検索する方法と書き出す方法がいくつかあります。

BigQuery レポート

企業や大規模な組織でのカスタマイズおよび拡張可能なレポートの作成には、BigQuery をおすすめします。BigQuery は、Google が提供するマネージド分析データ ウェアハウスです。

BigQuery を使用すると、次のようなことが可能になります。

  • Gmail のカスタム レポートを作成する。
  • Gmail のデータと他のソースやアプリのデータを組み合わせたレポートを作成する。
  • 必要な期間、BigQuery で Gmail のデータを保管して分析する。G Suite 管理コンソールで、Gmail のデータが保管されるのは 30 日間だけです。

たとえば、次のような目的で BigQuery でカスタム レポートを作成できます。

  • どのルールによってメールが検疫されたかを特定する。
  • 指定された受信者宛てに送信された個別のメールの件数を追跡する。
  • Gmail のデータと組織のディレクトリ データを組み合わせて Gmail のアクティビティを確認する。

注: BigQuery で他の G Suite アプリや機能のデータを分析することもできます。詳しくは、BigQuery の G Suite レポートログについてのページをご覧ください。

次の手順

BigQuery で Gmail のレポートを作成してみましょう。

その他の Gmail レポート作成の方法

メールログ検索

管理コンソールのメールログ検索で定義済みのレポートを使用して、メール配信ログを確認します。メールログ検索では、Gmail のデータが 30日間保存されます。

メールログ検索では、たとえば次のようなことができます。

  • 紛失したメールを見つける。
  • 配信後にメールのステータスを確認する。
  • メールの IP アドレスを特定する。
  • ポリシーがメールフローに与える影響をトラブルシューティングする。

詳しくは、メールログ検索とサポートされるレポートについてのページをご覧ください。

Reports API

G Suite Reports API を使用すると、次のような Gmail のカスタム レポートを作成できます。

API レポートでは、たとえば次のようなことが確認ができます。

  • ユーザー アカウントが最後にアクセスされた日時。
  • 迷惑メールとしてマークされたユーザー 1 人あたりのメールの数。
  • アクティブなユーザーの Gmail アカウントの数。

使用方法について詳しくは、Reports API についてのページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。