Google Cloud Platform サービスとデータを共有する

管理コンソールで、G Suite、Cloud Identity、Drive Enterprise アカウントのデータを、組織の Google Cloud Platform(GCP)アカウントのサービスと共有することができます。

共有されるデータ

現在、GCP と共有できるのは、Enterprise グループ監査アクティビティ イベントログのデータだけです。Enterprise グループ監査アクティビティ イベントログには、管理コンソールGoogle グループDirectory APIGroups Settings API の一部のイベントが含まれます。共有データは、GCP Cloud の監査ログから確認できます。

データの保持

共有データはほぼリアルタイムで Google Stackdriver で利用可能になり、GCP 管理監査ログの保持ポリシーに従って保持されます(管理コンソールの保持ポリシーとは異なります)。

共有を無効にすると、新しいデータは GCP サービスと共有されなくなり、既存の共有データには GCP 管理監査ログの保持ポリシーが適用されます。

データを Google Cloud Platform サービスと共有する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[会社プロフィール] 次に [法とコンプライアンス] にアクセスします。
    [法とコンプライアンス] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [GCP 共有オプション] をクリックします。
    • データを共有するには、[有効] をクリックします。
    • 共有を無効にするには、[無効] をクリックします。新しいデータは GCP サービスと共有されなくなります。既存の共有データは、GCP 管理アクティビティの監査ログに記載された保持期間に従って削除されます。
  4. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。