インシデントの発生数が上位のポリシー

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Drive Enterprise でご利用いただけます。エディションの比較

Available for beta customers only

上位ポリシー インシデント レポートでは、インシデントの発生数が上位のポリシーを確認できます。ポリシーはサービスごと(Google ドライブと Gmail)にまとめられ、指定した期間に発生したインシデント数の多い順に並べられます。グラフの下部には、Gmail とドライブの主なポリシーにより発生したインシデントの総数が表示されます。

上位ポリシー インシデント レポートを表示する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[セキュリティ] 次に [ダッシュボード] にアクセスします。

    [セキュリティ] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. 上位ポリシー インシデントのパネルの右下にある [レポートを表示] をクリックします。
  4. (省略可)レポートのデータを含むスプレッドシートを生成するには、[シートを書き出す] をクリックします。スプレッドシートは [マイドライブ] フォルダに保存されます。

レポートをカスタマイズする

レポートの上部で、期間のフィルタを使用してレポート内のデータをカスタマイズできます。表示するデータを今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したりして、レポートをカスタマイズします。開始日と終了日を入力することもできます。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

上位ポリシーを表示する

上位ポリシー インシデントのグラフの下に、選択した期間に発生したインシデント数の多いポリシーの一覧が表示されます。

この表には、以下の詳細情報が表示されます。

  • 違反があったポリシーの名前
  • ポリシーのインシデント数
  • 直前の期間と比較した場合の変動率
  • リソース数

ヒント: 表内のインシデントを絞り込むには、リストの上にあるフィルタを使用します。

上位の分類を表示する

上位の分類の表を表示できます。表を表示するには、上位ポリシー インシデントのグラフの下にある [分類] をクリックします。

この表には、以下の詳細が表示されます。

  • 分類名
  • 分類のインシデント数
  • 直前の期間と比較した場合の変動率
  • リソース数
  • 重要度(高、中、低)ごとの分類のインシデント数

ヒント: 表内の分類を絞り込むには、リストの上にあるフィルタを使用します。

上位のリソースを表示する

グラフ内の上位ポリシー インシデントの原因となった上位のファイル、メール、その他のリソースの表を表示できます。表を表示するには、上位ポリシー インシデントのグラフの下にある [リソース] をクリックします。

この表には、以下の詳細が表示されます。

  • サービス名(ドライブまたは Gmail)
  • タイトル: Gmail のメールの件名またはドライブ ファイルの名前
  • Gmail のメールまたはドライブ ファイルのオーナー
  • 発生したインシデントの数
  • 対象の Gmail のメールまたはドライブ ファイルに対してトリガーされたポリシーの数
  • 一致した分類の数

ヒント: 表内のリソースを絞り込むには、リストの上にあるフィルタを使用します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。