Voice の監査ログ

Voice に関するユーザー アクティビティを把握する
Drive Enterprise エディションをご利用の場合、このサービスを利用するには G Suite Enterprise にアップグレードしていただく必要があります。

管理者は、組織で行われた Google Voice 関連のアクティビティを Voice の監査ログで確認することができます。たとえば、テキスト送信や通話の詳細(費用や通話時間など)を確認できます。

ステップ 1: Voice の監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。

    [レポート] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側の [監査] で [Voice] をクリックします。
  4. (省略可)ツールバーで列を管理アイコン Manage columns をクリックし、表示する列または非表示にする列を選択します。

    ログデータを確認してカスタマイズするには、以下の手順に進みます。

ステップ 2: Voice の監査ログデータを確認する

表示できるデータ
データの種類 説明
イベントの名前 テキストの送信や電話番号の割り当てなど、ログに記録された操作。
イベントの説明 イベントの詳細。たとえば、Voice 番号から発信した通話の料金と通話時間など。
日付 イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)。
ユーザー 操作を行ったユーザーの名前。
転送先 通話先またはテキスト送信先の電話番号。
ソース 通話元またはテキスト送信元の電話番号。
期間 通話時間。
グループ メッセージ テキストの送信先がグループまたは個人のどちらか。
費用 通話またはテキスト送信の費用(費用がかかった場合)。
イベントの名前の説明

イベントごとに、関連する自動応答の名前が表示されます。

データの種類 説明
固定電話への電話回線の追加 固定電話に追加された電話回線の詳細情報。
住所の更新 ユーザーの Voice 番号に関連付けられた住所の更新に関する詳細情報。
自動応答による着信対応 自動応答で着信に対応したときに記録される詳細情報。
自動応答からの通話転送 自動応答から別の電話番号に通話が転送されたときに記録される詳細情報。
ボイスメールの受信者に自動応答を転送できませんでした

指定した受信者全員がボイスメールを受信できないため、ボイスメールを記録できませんでした。考えられる原因は次のとおりです。

  • 受信者のアカウントが削除または停止されています。受信者リストのユーザーを変更してください。自動応答の [ボイスメールに転送] に移動し、[ボイスメールの受信者] に別のユーザーを追加してください。
  • 受信できるメールの上限を超えています。1 時間あたりのボイスメール数が多すぎると、メールの配信は停止します。

リストが空になっているためにボイスメールが作成されない場合、Voice はすべての通話に対してこのイベントを生成します。

自動応答の削除 管理者が自動応答を削除したときに記録される詳細情報。
自動応答でユーザーへの転送を行えませんでした

指定したユーザーが通話に応答できないため、通話を転送できませんでした。考えられる原因は次のとおりです。

  • ユーザーの Voice ライセンスが削除されています。
  • ユーザーのアカウントが削除または停止されています。

自動応答の [発信者を転送] に移動し、[対象ユーザーのメールアドレス] に別のユーザーを追加してください。

自動応答のボイスメール受信者が未指定の状態 受信者リストが空になっているために、ボイスメールを録音できません。指定したユーザー アカウントがすべて削除または停止されています。リストが空になっているためにボイスメールが作成されない場合、Voice はすべての通話に対してこのイベントを生成します。

自動応答の [ボイスメールに転送] に移動し、[ボイスメールの受信者] に別のユーザーを追加してください。

自動応答の公開 管理者が自動応答を変更したときに記録される詳細情報。
自動応答にボイスメールが届きました 発信者がボイスメールを残したときに記録される詳細情報。
自動応答のボイスメールを配信できませんでした

指定した受信者にボイスメールのメールを配信できませんでした。考えられる原因は次のとおりです。

  • 受信者のアカウントが削除または停止されています。受信者リストのユーザーを変更してください。
  • 受信できるメールの上限を超えています。1 時間あたりのボイスメール数が多すぎると、メールの配信は停止します。
  • 受信者の受信トレイがいっぱいです。ユーザーが受信トレイの空き容量を増やす必要があります。
自動応答でボイスメールの転送を行えませんでした ボイスメールのメールを特権管理者に転送できませんでした。指定した受信者に配信できないボイスメールのメールは、失われないように特権管理者に転送されます。
通話の発信 発信した通話の詳細情報。
通話の着信 着信した通話の詳細情報。
固定電話の割り当て 固定電話とその電話が割り当てられたユーザーに関する詳細情報。
固定電話のデプロビジョニング Voice から削除された固定電話の詳細情報。
固定電話のプロビジョニング Voice に追加された固定電話の詳細情報。
固定電話の割り当て解除 固定電話とその電話への割り当てを解除されたユーザーに関する詳細情報。
Meet の通話を発信しました Google Meet から発信された通話の詳細情報。
電話番号のプロビジョニング ユーザー用に追加された電話番号の詳細情報。
自動応答用の電話番号のプロビジョニング 自動応答用に追加された電話番号の詳細情報。
電話番号の割り当て解除 ユーザーへの割り当てを解除された電話番号の詳細情報。
自動応答用の電話番号の割り当て解除 自動応答への割り当てを解除された電話番号の詳細情報。
固定電話からの電話回線の削除 固定電話から削除された電話回線の詳細情報。
テキスト メッセージの受信 ユーザーが受信したテキストの詳細情報。
テキスト メッセージの送信 ユーザーが送信したテキストの詳細情報。

ステップ 3: 監査ログデータのカスタマイズや書き出しを行う

ユーザーやアクティビティで監査ログデータをフィルタする

監査ログデータを絞り込んで特定のイベントやユーザーを表示することができます。たとえば、特定のユーザーが会話を作成したときのすべてのログイベントを検索できます。

  1. 上記の手順で Voice の監査ログを開きます
  2. [+ フィルタを追加] をクリックします。
  3. フィルタの条件を入力または選択します。ここでは、ログに表示するデータを自由に組み合わせることができます。
  4. (省略可)[期間] をクリックし、リストから期間を選択するか、開始日、終了日、時間を入力します。
  5. [適用] をクリックします。

組織部門でフィルタリングする

組織部門でフィルタリングして、ドメイン内の下位組織間の統計情報を比較することができます。

  1. 上記の手順でレポートを開きます
  2. 上部の [組織のフィルタ] をクリックして名前を検索するか、リストから組織部門を選択します。
  3. (省略可)[期間] をクリックし、リストから期間を選択するか、開始日、終了日、時間を入力します。

    注: [+ フィルタを追加] で任意のイベントのフィルタを適用してから、[組織のフィルタ] または [期間] で結果を絞り込むことができます。

  4. [適用] をクリックします。

古いデータを検索する場合でも、フィルタできるのは現在の組織階層のみです。2018 年 12 月 20 日より前のデータは、結果に表示されません。

監査ログデータを書き出す

監査ログデータは、Google スプレッドシートに書き出したり CSV ファイル形式でダウンロードしたりできます。

  1. 上記の手順で監査ログを開きます
  2. (省略可)書き出すデータの項目を変更するには、次の操作を行います。
    1. ツールバーにある、列を選択アイコン 列を選択 をクリックします。
    2. 書き出すデータの横にあるチェックボックスをオンにして、[適用] をクリックします。
  3. ツールバーにある、ダウンロード アイコン ダウンロード をクリックします。

書き出しの最大セル数は 210,000 個です。最大の行数は、選択している列の数によって変わります。監査ログからスプレッドシートに書き出せる行は 10,000 行までですが、CSV には 500,000 行まで書き出すことができます。

監査ログを BigQuery に書き出す

Voice Premier でのみご利用いただけます

ログと使用状況レポートを BigQuery に書き出す方法については、管理コンソールでの BigQuery ログの設定をご覧ください。

表示されているデータはいつのものですか?

データを確認できるようになるまでの時間とデータの保持期間については、データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

ステップ 4: メールアラートを設定する

メールアラートを設定すると、ユーザーのアクティビティを確認できます。

  1. 上記の手順で Voice の監査ログを開きます
  2. [+ フィルタを追加] をクリックします。
  3. フィルタの条件を入力または選択します。

    アラートの設定では、ログに表示するデータを自由にフィルタできます(期間を除く)。

  4. アラートを作成アイコンをクリックし、アラート名を入力します。
  5. 特権管理者のアカウントにアラートを送信するには、[受信者] で オンにする をオンにします。
  6. 他のユーザーにもメールアラートを送信する場合は、その受信者のメールアドレスを入力します。他のユーザーにもメールアラートを送信する場合は、その受信者のメールアドレスを入力します。
  7. [作成] をクリックします。

カスタム アラートを編集する方法については、管理者へのメールアラートをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。