MTA-STS と TLS レポートでメール セキュリティを強化

3. MTA-STS ポリシーを公開する

認証と暗号化でメールのセキュリティを強化する

ポリシーを作成したら、リモート サーバーからアクセス可能な公開ウェブサーバーにポリシー ファイルをアップロードします。

ホストサーバーの要件

ポリシーをホストするウェブサーバーは次の要件を満たす必要があります。

  • SSL/HTTPS に対応していること
  • サーバー証明書が第三者のルート認証局の署名入りで信頼されていること

ポリシーの変更

ポリシー ファイルの内容を変更するたびに、次のことを行う必要があります。

ポリシーをテストモードから自動適用モードに変更する場合も、これらの手順で操作する必要があります。

ドメイン内のウェブサーバーにポリシーを追加する

  1. ドメインに公開ウェブサーバーが設定されていることを確認します。
  2. ドメインにサブドメインを追加します。サブドメイン名の先頭には、次の例のように mta-sts が付いている必要があります。
    mta-sts.solarmora.com
  3. サブドメインにディレクトリを作成し、名前を .well-known とします。
  4. 作成したポリシー ファイル.well-known ディレクトリにアップロードします。

    MTA-STA ポリシーの URL の例を次に示します。
    https://mta-sts.solarmora.com/.well-known/mta-sts.txt

次のステップ

MTA-STS と TLS レポートを有効にする

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false