通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

二重配信を使用して複数の受信トレイにメールを配信する

受信したメールを複数の受信トレイに配信する

組織のメールを複数の受信トレイに配信するには、二重配信を設定します。二重配信を使用すると、メールは Gmail の受信トレイと Gmail 以外の既存のシステムに配信されます。たとえば、Gmail のほか Microsoft Exchange またはアーカイブ サーバーにメールを配信することができます。

受信したメールは、最初にメインのメールサーバー(プライマリ サーバー)に配信されます。パブリック ドメインの MX レコードで識別されるメールサーバーがプライマリ サーバーです。プライマリ サーバーは個々のメールを関連する受信トレイに配信し、次にすべてのメールをセカンダリ メールサーバーに転送します。セカンダリ サーバーは、メールをセカンダリ サーバーの受信トレイに配信します。

二重配信では、プライマリ サーバーとして Gmail または組織の既存のメールサーバーのどちらでも使用できますが、通常は Gmail をプライマリ サーバーとして使用することをおすすめします。試験運用中や Gmail への移行中に既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用する場合もありますが、試験運用が終了し、全員を Gmail に移行する準備ができたら、メールが Gmail にのみ配信されるように設定を更新します。

手順 1: 管理コンソールで既存のサーバーを追加する

二重配信を設定する前に、[ルートを追加] 設定で Gmail 以外のサーバーを追加する必要があります。

手順 2: 二重配信を設定する

[ルートを追加] 設定で既存のサーバーを追加したら、二重配信を設定できます。Gmail をプライマリ サーバーとして使用することをおすすめします。既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用する必要がある場合は、オプション 2: 二重配信 - 既存のサーバーをプライマリ サーバーとして設定するに進みます。

オプション 1: 二重配信 - Gmail をプライマリ サーバーとして設定する(推奨)

以下の手順は、二重配信を設定するために必要な最小限の手順になります。必要に応じて、[ルーティングの設定] で追加オプションを選択することもできます。[ルーティングの設定] で利用可能なすべてのオプションについて詳しくは、Gmail のルーティング設定を追加するをご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [ルーティング] にアクセスします。
  3. (省略可)設定を一部のユーザーにのみ適用するには、左側で組織部門(主に部門に使用)または設定 [グループ](詳細)を選択します。手順を見る

    グループ設定は組織部門よりも優先されます。詳細

  4. [ルーティング] タブで、[設定] または [別のルールを追加] をクリックします。

  5. [設定を追加] ボックスで次の操作を行います。

    設定オプション 手順
    ルーティング

    アドレスマップのわかりやすい名前を入力します。名前を入力しないと、設定を保存できません。

    影響を受けるメール [受信] と [内部 - 受信] のどちらか一方、または両方を選択します。
    • 受信 - 外部の送信者からのメールは、プライマリ サーバーとセカンダリ サーバーの両方に配信されます。
    • 内部 - 受信 - 内部の送信者からのメールは、プライマリ サーバーとセカンダリ サーバーの両方に配信されます。内部の送信者からのメールには、[From] 欄に組織のドメインまたはサブドメインが含まれます。
    上記の種類のメッセージに対し、次の処理を行う

    メニュー アイコン  をクリックし、[メッセージを変更] を選択します。

    メッセージを変更

    影響を受けるメールに対して二重配信を設定するには、以下のオプションを選択します。

    1. [その他の配信先] までスクロールし、[受信者を追加] チェックボックスをオンにします。[受信者] の表が表示されます。
    2. [受信者] の表の下にある [追加] をクリックします。[設定を追加] ボックスが表示されます。
    3. [設定を追加] ボックスの上部にあるメニュー アイコン をクリックして、[詳細] を選択します。
    4. [ルート] で、[ルートを変更] をオンにします。
    5. [ルートを変更] でメニュー アイコン をクリックし、手順 1: 管理コンソールで既存のサーバーを追加するで追加したサーバーを選択します。
    6. (省略可)[迷惑メールと配信のオプション] の 2 つのチェックボックスはオンのままにしておきます。
      • この受信者に迷惑メールを送信しない
      • この受信者からのバウンスメールを送信元に送信しない
    7. [設定を追加] ボックスの下部にある [保存] をクリックします。新しいルートが [受信者] の表に表示されます。
    8. [設定を追加] ボックスの下部にある [保存] をクリックします。
  6. 下部にある [保存] をクリックします。
    変更には最長で 24 時間かかることがありますが、通常はこれより短い時間で完了します。詳細 変更履歴は管理コンソールの監査ログで確認できます。

オプション 2: 二重配信 - 既存のサーバーをプライマリ サーバーとして設定する

既存のサーバーを二重配信用のプライマリ サーバーとして使用することもできます。試用期間中に少数のユーザーで Gmail を試験運用する場合などです。それ以外の場合は、オプション 1: 二重配信 - Gmail をプライマリ サーバーとして設定するをおすすめします。

既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用する場合は、次の点に注意してください。

  • Google の MX レコードを更新しないでください。
  • サーバーベースの転送を設定するには、ドメイン プロバイダにログインする必要があります。ドメイン プロバイダ用のユーザー名とパスワードがあることを確認してください。
  • Google では、サードパーティのサーバーに関する問題はサポートしていません。既存のサーバーを二重配信用に設定する際にサポートが必要な場合は、お使いのサーバーのヘルプセンターを確認するか、サーバーのベンダーにお問い合わせください。

既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用するには、次のいずれかの方法で行います。

サーバーベースの転送(推奨)- 既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用する

既存のサーバーでサーバーベースのメール転送を設定するには:メールはまず既存のサーバーに配信されてから、Gmail に転送されます。

  1. ドメインホストの管理コンソールにログインして、ドメインの MX レコードを更新するページに移動します。
  2. MX レコードが既存のメールサーバーを参照していることを確認します。
  3. 既存のサーバーを設定して、すべてのメールを ASPMX.L.GOOGLE.COM に転送するようにします。
  4. 受信メールのゲートウェイを設定する手順に沿って、既存のサーバーを受信ゲートウェイとして設定します。
    • 既存のサーバーから大量のメールを取得するよう Gmail を設定します。
    • SPF チェックの精度を高めます。受信ゲートウェイ経由のメールは内部メールとして扱われます。SPF チェックは、既存のサーバーにメールを送信したサーバーに対して行われます。
  5. 各ユーザーの既存のサーバーのメールアドレスに、テストメールを送信します。
  6. 既存のサーバーの受信トレイと通常の Gmail の受信トレイの両方にテストメールが届くことを確認します。

テスト ドメイン エイリアスへの転送 - 既存のサーバーをプライマリ サーバーとして設定する

既存のサーバーがサーバーベースの転送をサポートしていない場合は、このオプションを使用します。

テスト ドメイン エイリアスへのメール転送を設定すると、既存のサーバーは各ユーザーのテスト ドメイン エイリアスに受信メールを転送します。次にメールはテスト ドメイン エイリアスからユーザーのメインの Gmail アカウントに送信されます。詳しくは、ドメイン エイリアスについてのページをご覧ください。

テスト ドメイン エイリアスについて

Google Workspace アカウントには、テスト ドメイン エイリアスが付属しています。Google Workspace アカウントの各ユーザーに、テストドメインのメールアドレスが自動的に割り当てられます。

  • テスト ドメイン エイリアスのフォーマット: [ドメイン名].test-google-a.com
  • テストドメインのメールアドレスのフォーマット: [ユーザー名]@[ドメイン名].test-google-a.com

たとえば、ドメインが solarmora.com の場合、テスト ドメイン エイリアスは次のようになります。

  • テスト ドメイン エイリアス: solarmora.com.test-google-a.com
  • テストドメインのメールアドレス: janedoe@solarmora.com.test-google-a.com

詳しくは、テスト用メールアドレスをご覧ください。

セカンダリ ドメイン エイリアスのメール

ドメイン エイリアスとそれに対応するメールアドレスが割り当てられるのは、プライマリ ドメインだけです。ユーザーのメールアドレスがプライマリ ドメインに含まれていない場合は、セカンダリ ドメインを作成します。

セカンダリ ドメインが Google を参照するように MX レコードを更新します。

ユーザーのテスト ドメイン エイリアスへの転送を設定するには:

  1. 既存のサーバーでメール転送を設定します。既存のメールアドレスに送信されたメールは、対応するテスト ドメイン エイリアスに転送されます。転送ルールの設定は通常、ユーザーごとに行います。
  2. 受信メールのゲートウェイを設定する手順に沿って、既存のサーバーを受信ゲートウェイとして設定します。
    • 既存のサーバーから大量のメールを取得するよう Gmail を設定します。
    • SPF チェックの精度を高めます。受信ゲートウェイ経由のメールは内部メールとして扱われます。SPF チェックは、既存のサーバーにメールを送信したサーバーに対して行われます。
  3. 各ユーザーの既存のメールアドレスにテストメールを送信します。
  4. 既存のサーバーの受信トレイと通常の Gmail の受信トレイの両方にテストメールが届くことを確認します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー