メールの二重配信設定

メールを複数の受信トレイに送信する

組織のメールを複数の受信トレイに送信する必要がある場合は、二重配信を設定します。二重配信を設定すると、メールは Gmail の受信トレイだけでなく、Gmail 以外の受信トレイ(Microsoft Exchange やアーカイブ サーバーなど)にも配信されるようになります。

二重配信の仕組み

二重配信では、受信メールは最初にプライマリ メールサーバーに配信されます。プライマリ サーバーは個々のメールを関連する受信トレイに配信し、次にすべてのメールをセカンダリ メールサーバーに転送します。セカンダリ サーバーは、メールをセカンダリ サーバーの受信トレイに配信します。

パブリック ドメインの MX レコードで識別されるメールサーバーがプライマリ サーバーです。

ヒント: プライマリ サーバーは Gmail でも組織の既存のメールサーバーでもかまいません。通常は Gmail をプライマリ サーバーとして使用することをおすすめしていますが、試験運用中や Gmail への移行中には既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用することも可能です。試験運用が終了し、全員を Gmail に移行する準備ができたら、メールが Gmail にのみ配信されるように設定を更新します。

オプション 1: Gmail をプライマリ サーバーとして設定する(推奨)

基本的なルーティング設定を使用して、Gmail を二重配信用のプライマリ サーバーとして設定できます。詳しくは、ドメインや組織用にルーティング設定を行うをご覧ください。

Gmail をプライマリ サーバーとして二重配信を設定するには:

  1. 既存のサーバーのルートを追加します(まだ追加していない場合)。
  2. 最初の手順に沿ってログインし、必要に応じて組織を選択します。次に [ルーティング] 設定を開いて、新しい設定の説明を入力します。
  3. [影響を受けるメール] で、[受信] と [内部 - 受信] のどちらか一方または両方を選択します。
  4. エンベロープの特定の送信者と受信者にのみルールを適用する場合は、エンベロープ フィルタを設定します。1 人の受信者を指定するには、そのユーザーのメールアドレスを入力します。また、グループを指定することもできます。
  5. [上記の種類のメッセージに対しては、次の処理を行います] で [メッセージを変更] を選択します。
  6. [その他の配信先] で、[受信者を追加] チェックボックスをオンにし、[追加] をクリックしてセカンダリ メールルートを追加します。
  7. [受信者] で、下矢印アイコン "" をクリックして [詳細] を選択します。
  8. [ルートを変更] チェックボックスをオンにします。
  9. リストからセカンダリ メールルートを選択します。
  10. 下にスクロールして、[保存] をクリックします。
  11. 必要に応じて追加のパラメータを設定します。
  12. 設定を保存します。

オプション 2: 既存のサーバーをプライマリ サーバーとして設定する

無料試用中に一部のユーザーで Gmail を試験運用する場合、またはその他の理由で既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用する必要がある場合は、この方法を選択します。そのような事情がない場合は、Gmail を二重配信用のプライマリ サーバーとして使用することをおすすめします。

既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用するには、次のいずれかの方法を選択します。

  • 既存のサーバーから Google へのサーバーベースの転送を設定する(推奨)
  • 既存のサーバーがサーバーベースの転送をサポートしていない場合は、テストドメイン エイリアスに転送する。

既存のサーバーをプライマリ サーバーとして使用する場合は、MX レコードの参照先を Google に更新しないようにしてください。

オプション 1: サーバーベースの転送(推奨)

ご利用のサーバーがこの方法をサポートしていない場合は、代わりにテストドメイン エイリアスに転送してください。

既存のサーバーでサーバーベースのメール転送を設定するには:

  1. ドメイン アカウントにログインして、MX レコードが既存のメールサーバーを参照していることを確認します。
  2. すべてのメールが ASPMX.L.GOOGLE.COM に転送されるよう、既存のサーバーでルールを設定します。

    サーバーベースの転送を設定する手順については、既存のメールサーバーのドキュメントをご覧ください。

  3. 以下の目的のため、既存のメールサーバーを受信メールのゲートウェイとして追加します。
    • 既存のサーバーから大量のメールを取得するよう Gmail を設定します。
    • SPF チェックの精度を高めます。受信ゲートウェイ経由のメールは内部メールとして扱われます。SPF チェックは、既存のサーバーにメールを送信したサーバーに対して行われます。
  4. 各ユーザーの既存のサーバーのメールアドレスに、テストメールを送信します。

    既存のサーバーおよび通常使用する Gmail の両方の受信トレイでユーザーがテストメールを受信できることを確認します。

オプション 2: テストドメイン エイリアスに転送する

ご利用のサーバーがサーバーベースの転送をサポートしていない場合は、この方法を使用します。

テストドメイン エイリアスへのメール転送を設定すると、既存のサーバーから各ユーザーのドメイン エイリアスに受信メールが転送されるようになります。次に、ドメイン エイリアスから各ユーザーの通常の Gmail アカウントにメールが配信されます。

ドメイン エイリアスへの転送を設定するには:

  1. 既存のサーバーでメール転送を設定します。既存のサーバー アドレスに送信されたメールは、対応するドメイン エイリアスに転送されます。

    メールの転送手順と転送ルールの設定手順については、既存のメールサーバーのドキュメントをご覧ください。通常はユーザーごとに転送ルールを設定します。

  2. 以下の目的のため、既存のメールサーバーを受信メールのゲートウェイとして追加します。
    • 既存のサーバーから大量のメールを取得するよう Gmail を設定します。
    • SPF チェックの精度を高めます。受信ゲートウェイ経由のメールは内部メールとして扱われます。SPF チェックは、既存のサーバーにメールを送信したサーバーに対して行われます。
  3. 各ユーザーの既存のサーバーのメールアドレスに、テストメールを送信します。

    既存のサーバーおよび通常使用する Gmail の両方の受信トレイでユーザーがテストメールを受信できることを確認します。

テストドメイン エイリアスについて

Google Workspace アカウントには、テスト ドメイン エイリアスが付属しており、各ユーザーには自動的にテスト ドメインのメールアドレスが割り当てられます。

  • テストドメイン エイリアスのフォーマット: [ドメイン名].test-google-a.com
  • テストドメインのメールのフォーマット: [ユーザー名]@[ドメイン名].test-google-a.com

たとえば、ドメインが solarmora.com の場合、テスト ドメインのエイリアスは次のようになります。

  • テスト ドメイン エイリアス: solarmora.com.test-google-a.com
  • テストドメインのメールアドレス: janedoe@solarmora.com.test-google-a.com

詳しくは、テスト用メールアドレスをご覧ください。

セカンダリ ドメイン エイリアスのメール

ドメイン エイリアスとそれに対応するメールアドレスが割り当てられるのは、プライマリ ドメインだけです。ユーザーのメールアドレスがプライマリ ドメインに含まれていない場合は、セカンダリ ドメインを作成します。

セカンダリ ドメインが Google を参照するように MX レコードを更新します。

ドメイン エイリアスについてはこちらをご確認ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false