リージョンでのデータの移動状況を確認する

データを別のリージョンに移動している間、管理者の方には進捗をご確認いただくことをおすすめします。たとえば、データの移動にかかる時間、移動が完了したアカウントの割合やその算出方法を知ることができます。

移動状況のレポートを確認する手順については、リージョンでのデータの移動状況を確認するをご覧ください。

注:

  • データ リージョン機能には、Enterprise データ リージョンと Fundamental データ リージョンの 2 つのバージョンがあります。移動状況を確認するには、Google Workspace Enterprise Plus サブスクリプションに含まれる Enterprise データ リージョンが必要です。
  • データ リージョンのレポートでは、Enterprise Plus ユーザーの移動状況の概要のみが示されます。
  • Enterprise データ リージョンと Fundamental データ リージョンの機能の違いについては、エディションの比較をご覧ください。使用しているサービスをアップグレードする手順については、Enterprise Plus エディションに切り替えるをご覧ください。

よくある質問

移動の所要時間

データの移動には、データ リージョン ポリシーで指定された対象データの量、移動するデータ オブジェクトの数、ネットワーク帯域幅などさまざまな要因が関係します。データが大量だったり、1 つのファイルのサイズが大きかったりする場合は、小さなファイルの移動よりも時間がかかります。
ユーザーは移動中のファイルも使用できますが、これにより適時性とデータ移動の速度に影響がある場合があります。

完了率の計算方法

移動の進行状況は、サービス、ユーザー、リージョンから総合的に判断されます。

選択したリージョン内のサービスについては、ユーザーの対象データがすべて新しいリージョンに保存された時点で、そのユーザー アカウントが新しいリージョンに移動されたことになります。  

たとえば、Gmail のユーザー 10 名をヨーロッパ リージョンに移動中で、そのうち 6 つのユーザー アカウントで移動が完了した場合、Gmail の移動完了率は 60% です。

特定のリージョンにおいては、ユーザーの対象データがすべて新しいリージョンに保存された時点で、ユーザーの対象データが新しいリージョンに移動されたことになります。

一部のサービスの移動に時間がかかる理由

サービスの中には、そのサービスのユーザーデータ量、データ オブジェクトの数、ネットワーク帯域幅などの要因によって、移動に時間がかかるものがあります。

たとえば、Google カレンダーのユーザーデータの量は、通常、同じユーザーのドライブデータよりも大幅に少なくなります。そのため、対象のカレンダー データは、対象のドライブデータより先に移動が完了すると考えられます。

ダッシュボードの更新頻度

通常、ダッシュボードは 12 時間ごとに更新されます。

完了率が低下する理由

移動完了率は、次のようにさまざまな理由で変動します。
  • 管理者が組織部門のデータ リージョン ポリシーを変更した。
  • 管理者がユーザーの割り当て先を別の組織部門に変更した。
  • ユーザーまたは管理者がデータ オブジェクトのオーナー権限を変更した(ドライブ内のファイルのオーナー権限を別のユーザーに変更したなど)。
  • 共有オブジェクトについて、ユーザーまたは管理者が共有メンバーを変更した。

たとえば、あるユーザーがヨーロッパに拠点を置く組織部門から米国に拠点を置く組織部門に異動すると、データ リージョン ポリシーが変わります。これにより、そのユーザーの対象データのヨーロッパから米国への移動が始まり、完了率が低下します。

移動の進行状況の解釈について

プライマリ データ

データ リージョンを選択すると、指定したユーザーのデータが新しく選択したリージョンに移動されます。移動完了率はアカウントごとに計算されます。選択したサービスのデータについて、アカウントの正しいリージョンへの移動が完了すると、全体の完了率が上昇します。たとえば、ユーザー 10 名のうち、1 名の移動が完了すると、移動完了率は 10% になります。

バックアップ

データ リージョンを選択すると、プライマリ データの移動完了後に、そのリージョンにバックアップが作成されます。既存のバックアップは、選択したリージョンに移動されず、期限切れまでそのまま残ります。

インデックス

データ リージョンを選択すると、プライマリ データの移動完了後に、そのリージョンにインデックスが作成されます。既存のリージョンのインデックスは更新されず、期限切れまでそのまま残ります。

移動状況を確認できない場合

移動状況を確認できないのは、Fundamental データ リージョンのサブスクリプションを利用していることが原因です。移動状況を確認するには、Google Workspace Enterprise Plus サブスクリプションに含まれる Enterprise データ リージョンが必要です。

使用しているサービスをアップグレードする手順については、Enterprise Plus エディションに切り替えるをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false