GCP Cloud DNS: G Suite の MX レコードを設定する

始める前に

  • ドメインの所有権を確認します

    確認が済んでいない場合は、MX レコードを使って確認できます。MX レコードの設定時に、その方法を説明します。

  • G Suite にチーム用のユーザー アカウントを作成します。

    チームメンバーがすでにドメインのメールアドレスを使用している(メールアドレスの末尾が使用ドメインになっている)場合は、MX レコードの設定を変更する前に、G Suite でメンバーのユーザー アカウントを作成する必要があります。作成しないと、Gmail のビジネス用メールアドレスを使用してメールを送受信できません

  • 設定ウィザードが表示されている場合は、「G Suite の MX レコードを追加する」の手順に進みます。ウィザードを開いていない場合は G Suite 設定ウィザードにログインします。このウィザードでは、新しい MX レコードを特定して Gmail にメールを転送するように Google に通知することができます。

次に、ドメインホストにログインして、ドメインのメールを G Suite サーバーに転送します。これは、転居したときに郵便局に転送届を出し、郵便物が正しい住所に届くようにするのと似ています。

MX レコードを変更する

手順 1: ドメインホストにログインする

  1. Google Cloud Platform Console にログインします
  2. 左側の [ネットワーキング] で、[ネットワーク サービス] 次に [Cloud DNS] を選択します。

    [ネットワーキング] > [ネットワーク サービス] > [Cloud DNS]

手順 2: DNS レコードに移動する

  1. 既存の DNS ゾーンを開くか、または [ゾーンを作成] をクリックして新規作成します。
  2. 状況に応じたオプションを選択します。
    • このゾーンに既存の MX レコードがない場合は、[レコードセットを追加] をクリックします。
    • このゾーンに既存の MX レコードを Google G Suite MX レコードに変更する場合は、編集アイコン 編集 をクリックします。

    ページの [レコードセット] 部分が表示されています。

手順 3: G Suite の MX レコードを追加する

メールが G Suite アカウントに配信されるようにするには、新しい MX レコードをドメインに追加する必要があります。追加するレコードは次のとおりです。
MX サーバー アドレス 優先度
ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
: 上記は G Suite のメールサーバーの値です。故障が起きた場合やメンテナンスが必要な場合に備え、5 つのサーバーを追加します。
[レコードセットを作成] ページから新しい MX レコードを追加するには:
  1. [レコードセットを作成] ページで、[リソース レコードのタイプ] 欄から [MX] を選択します。

    [リソース レコードのタイプ] プルダウン リストから [MX] を選択します。

  2. [DNS 名] 欄に「@」と入力するか、デフォルトのエントリをそのまま使用します。
  3. [TTL] に「3600」と入力します。
  4. [TTL ユニット] 欄で、[] を選択します。
  5. [設定およびメールサーバー] 欄に、上記の表にある最初の MX レコードを入力します。先頭には優先度を表す「1」を指定します(1 aspmx.l.google.com)。
  6. [項目を追加] をクリックします。

    [レコードセットを作成] ページに最初の MX レコードを追加します。

  7. 2 番目の [設定とメールサーバー] 欄に、「5 alt1.aspmx.l.google.com」と入力します。
  8. [項目を追加] をクリックします。
  9. 手順 7 と 8 を繰り返して、上記の表の優先度と MX レコードをすべて追加します。

    [レコードセットを作成] ページで 5 つの MX レコードすべてを入力します。

  10. [作成] をクリックします。

    新しい G Suite の MX レコードセットがゾーンの詳細ページに表示されます。

[ゾーンの詳細] ページから既存の MX レコードを変更するには:
  1. [ゾーンの詳細] ページで、既存の MX レコードセットの横にある編集アイコン 編集 をクリックします。

    編集アイコンを選択して既存の MX レコードセットを変更します。

    表示された MX レコードセットを編集できます。

  2. [TTL] に「3600」と入力します。
  3. [TTL ユニット] 欄で、[] を選択します。
  4. 最初の [設定とメールサーバー] 欄の既存レコードを、上の表の最初の MX レコードの優先度とレコード値(1 aspmx.l.google.com)に置き換えます。
  5. 他の既存レコードの値も、上記の表の優先度と MX レコードに置き換えます。

    さらにレコード欄が必要な場合は、[アイテムを追加] をクリックします。

    5 つの Google MX レコードをすべて置き換えてもなお古い MX レコードが残っている場合は、残りのレコードの横にある閉じるアイコン 閉じる をクリックします。

  6. 5 つの Google MX レコードをすべて追加したら、[保存] をクリックして Google MX レコードを保存します。

    [ゾーンの詳細] ページのすべての MX レコードが編集済みです。

 

DNS ホスティング プロバイダによっては、新しいレコードがインターネット上に反映されるまでに最長で 72 時間ほどかかることがあります。72 時間もかからない場合もありますが、この間にドメイン宛に送信されたメールは宛先不明で返送される可能性があります。変更が反映されるまでは、引き続き以前のメールサービス プロバイダにメールが届きます。

MX レコードの設定についてさらにサポートが必要な場合は、Google Cloud Platform サポートにお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。