Google Chat へのアップグレード スケジュール

この記事は、Google Workspace 管理者を対象としています。個人アカウントに関する詳細については、この記事ではなく従来のハングアウトから Google Chat への切り替えについてをご覧ください。

現在、従来のハングアウトとは別に Google Chat を有効にしてお試しいただくことができます。すでに多くのお客様が Chat と従来のハングアウトを併用されています。すべてのユーザーを Chat に移行して、Gmail で Chat を有効にする設定を使用することもできます。2021 年に、従来のハングアウト ユーザー全員の Chat へのアップグレードを開始しました。

Chat へのアップグレードは、次の 5 段階で行われます。Google Workspace アップデート ブログに登録して、最新情報をご確認ください。

フェーズ 1(完了): Vault の統合

Google Vault をご利用の場合、従来のハングアウトでのチャットに関する設定はすべて、2019 年末に Chat に移行されました。従来のハングアウトでやり取りされるメッセージは、メールの記録保持(リティゲーション ホールド)と保持ルールでは保護されなくなりました。Chat および従来のハングアウトでやり取りされるメッセージは、すべて Chat の記録保持と保持ルールで保護されるようになっています。詳細

フェーズ 2(完了): 早期アップグレード

フェーズ 2 では、Accelerated Transition Program にご参加いただいたお客様に、[Chat を優先] の設定を使ってすべてのユーザーを Chat に移行し、Chat のさまざまな機能を一般提供開始前にお試しいただきました。

フェーズ 3(完了): 全ユーザーがアップグレード可能

  • 管理コンソールに新たに導入された [Chat を優先] 設定を使用すると、すべてのユーザーを Chat に移行し、Gmail の画面上で使える新たな Chat を利用可能にできます。
  • 管理コンソールで Chat と従来のハングアウトの設定を簡単に行えるようになっています。
  • Chat を使って外部ユーザーにメッセージを送信できるようになりました。

フェーズ 4(完了): 無効化オプション付きの移行

サービスの設定を [Chat と従来のハングアウト] にしていた組織は、デフォルトで [Chat を優先] に移行されています。ただし、この移行は管理者が無効にすることが可能でした。

フェーズ 5: 完全アップグレード: 2022 年 3 月~ 5 月

2022 年 3 月 22 日以降、従来のハングアウトを使用しているすべてのお客様の設定が [Chat を優先] に移行され、従来のハングアウトに代わって Chat が使用されるようになります。この移行に先立ち、該当のお客様にお知らせをお送りします。アップグレードの詳細については、ブログ投稿をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false