ユーザー名とグループ名のガイドライン

ユーザー名、グループ名、グループの説明を Google Cloud アカウントに追加する際は、以下のガイドラインを参考にしてください。

ユーザー名

  • ユーザー名には、アルファベット(a~z)、数字(0~9)、ダッシュ(-)、アンダースコア(_)、アポストロフィ(')、ピリオド(.)を使用できます。

  • ユーザー名には、連続した複数のピリオド(.)、アクセント記号、アクセント付き文字、アンパサンド(&)、等号(=)、山カッコ(<、>)、プラス記号(+)、カンマ(,)は使用できません。
  • gmail.com アカウントの場合とは異なり、ユーザー名のピリオド(.)は文字として認識されます。username というユーザー アカウントを作成した場合、このユーザーは user.nameus.er.na.me のようにピリオドが含まれたアドレス宛てのメールは受信できません。このようなさまざまなパターンのアドレス宛てのメールを受信できるようにするには、メール エイリアスを作成してください。
  • ユーザー名の先頭または末尾に英数字以外の文字を使用することもできます(ピリオド(.)は使用できません)。最大文字数は 64 文字です。
  • abuse と postmaster は予約済みのエイリアスであるため、ユーザー名やエイリアスには使用できません。詳細
  • 姓と名は Unicode 文字や UTF-8 文字に対応しており、最大文字数は 60 文字です。

グループの名前と説明

  • グループ名の最大文字数は 60 文字です。
  • グループが多数ある場合は、目的がわかりやすいよう名前を付けます。
  • 管理コンソールで作成されたグループの名前と説明に、等号(=)や山かっこ(<、>)は使用できません。

関連トピック

安全なパスワードを作成する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。