App Maker アプリをホワイトリストに登録する

アプリの権限の確認を無効にする

アプリが Gmail や Google ドライブ ファイルなどのユーザーの G Suite データにアクセスする必要がある場合、そのデータへのアクセスをアプリに許可するよう求めるメッセージが表示されます。このメッセージによりユーザーが混乱したり不安になったりする場合も考えられますが、組織の管理者がアプリを承認しておけば、ユーザーは権限を付与する必要がなくなります。

始める前に

導入先に App Maker アプリを公開します。

ステップ 1: アプリのクライアント ID を取得する

  1. App Maker でアプリを開き、設定アイコン 詳細設定 次に [Deployments] をクリックします。
  2. [Deployments] の横にある下矢印アイコン "" をクリックします。
  3. [View Logs] をクリックし、新しいタブで Google Cloud Platform Console を開きます。後で情報が必要になるため、[Deployments] タブは開いたままにしておきます。
  4. Google Cloud Platform Console でメニュー アイコン "" 次に [API とサービス] 次に [認証情報] をクリックします。
  5. [OAuth 2.0 クライアント ID] テーブルの [クライアント ID] 列で、コピーアイコン "" をクリックしてクライアント ID の値をコピーします。

ステップ 2: 承認済みの API クライアントとしてアプリを追加する

新しいブラウザ ウィンドウを開いて、次の手順を踏んでください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから "" 次に [セキュリティ] 次に [API コントロール] に移動します。
  3. [ドメイン全体の委任] で、[ドメイン全体の委任を管理] をクリックします。
  4. [ドメイン全体の委任を管理] ページで、[新しく追加]をクリックします。
  5. [クライアント ID] に、先ほどコピーした値を貼り付けます。プロジェクト名は貼り付けないでください。
  6. App Maker の [Deployments] タブで、OAuth スコープの横にあるコピーアイコン "" をクリックします。
  7. [OAuth スコープ] 欄に OAuth スコープを貼り付けます。
  8. スコープが複数ある場合は、それぞれのスコープを [OAuth スコープ] 欄に貼り付けて、各スコープをカンマで区切ります。すべてのスコープを確実にコピーできるように [Show all scopes] をクリックします。
  9. [承認] をクリックします。
  10. すべてのスコープを表示するには、新しいクライアント ID を選択して [詳細を表示] をクリックします。

    表示されていない場合は、[編集] をクリックし、不足しているスコープを入力して [承認] をクリックします。クライアント ID は編集できません。

  11. 権限を確認するよう求めるメッセージが引き続きユーザーに表示される場合は、Google 管理コンソールに戻り、クライアント ID が正しいこと、すべての OAuth スコープがカンマ区切りリストで入力されていることを確認します。OAuth スコープが 1 つでも不足していると、すべての OAuth スコープについて権限を確認するよう求めるメッセージがユーザーに表示されます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。