Google Meet の監査ログ

ビデオ会議に関するユーザー アクティビティを把握する

Google Meet の監査ログを使用して、組織でのビデオ会議のアクティビティを追跡できます。たとえば、ユーザーがいつ会議を開始したか、どこから会議に参加したか、誰が会議に参加したかを確認することが可能です。

会議中のサポート、または特定の会議のサポートが必要な場合

Meet 品質管理ツールを使用すると、会議のトラブルシューティングをリアルタイムで行うことができます。詳しくは、会議の品質と統計情報を確認するをご覧ください。

Meet の監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側の [監査ログ] で [Google Meet] をクリックします。
  4. (省略可)確認する項目をカスタマイズするには、右側にある「列を管理」アイコン "" をクリックし、表示または非表示にする列を選択して [保存] をクリックします。

表示できるデータ

データの種類 説明
日付 イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーンで表示されます)。
イベント名 会議から退出したデバイス(エンドポイント)など、ログに記録された操作。
イベントの説明 操作の詳細。
会議コード 会議コード(「abc-hexp-tqy」など)。定期的な会議には同じ会議コードが付いています。
参加者 ID 参加者のメールアドレス、電話番号、またはデバイス ID。匿名ユーザーと外部ユーザーの場合は空欄になります。音声通話で参加した参加者は、アクティビティ ログに 2 回記録されます(1 回目は動画の接続時、2 回目はスマートフォンの接続時)。

イベント名と説明の詳細

監査レポートには、イベントが発生するたびにログエントリが表示されます。ほとんどのイベントにはわかりやすい名前が付いています。たとえば、[主催者のメールアドレス] には会議の主催者のメールアドレスが表示されます。ただし、次のように詳細なログデータが表示される場合があります。

  • ネットワークの輻輳率 - 不十分または不安定な帯域幅(ジッターが高い、不安定であるなど)に起因するネットワークの制約によって、デバイスが高画質の動画を送信できなかった時間の割合。組織内のネットワーク回帰を検出するには、この指標を確認します。
  • ジッター - ビデオ会議中に Google サーバーとデバイス間で送受信されるパケットの遅延変動。理想的なネットワークではパケットの到着間隔は一定ですが、実際のネットワークではさまざまな遅延が発生し、パケットの到着間隔は不規則になります。
  • ラウンド トリップ時間 - パケットが Google サーバーに送信されてから応答が戻ってくるまでの時間の長さ。
  • ビットレート - 送受信された音声または動画情報の量、単位はビット毎秒(bps)。
  • 推定ダウンロード帯域幅または推定アップロード帯域幅 - 音声、動画、プレゼンテーション データの送受信に使用されるネットワーク帯域幅のおおよその量。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

Meet のその他のデータを取得する

  • 料金など、通話について詳しくは、Voice の監査ログをご覧ください。
  • G Suite Admin SDK の API を使用すれば、さまざまな種類の Google Meet 監査アクティビティ イベントのイベントとパラメータを確認できます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。