G Suite Essentials ユーザーに管理者の役割を割り当てる

ドメインの所有権を証明し、G Suite Essentials のさまざまなビジネス機能を使用できるようにしてある場合は、代わりにこちらの手順を実施してください。

ユーザーが Google 管理コンソールでユーザーの招待や削除といった操作を行えるようにするには、管理者の役割を付与します。管理者の役割を持つユーザーが Google アカウントにログインすると、管理コンソールが表示されます。

管理者の役割を割り当てる

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックして、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [管理者の役割と権限] をクリックします。


    管理者ロールのリンクにカーソルを合わせる

  6. 役割 [特権管理者(メールアドレス所有権証明済み)] のスライダー "" をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. (省略可)ユーザーのアカウント ページに戻るには、右上の上矢印アイコン をクリックします。

通常、新しい権限は数分以内にユーザーに割り当てられますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。新しく割り当てられた管理者が各自のアカウントにログインすると、管理コンソールのホームページが表示され、権限に応じた設定を確認できます。

次のステップ: 管理者が各自のアカウントに再設定オプションを追加します。

関連トピック

G Suite の管理者権限を取り消す

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。