G Suite Essentials のユーザーを削除する

ドメインの所有権を証明し、G Suite Essentials のさまざまなビジネス機能を使用できるようにしてある場合は、代わりにこちらの手順を実施してください。

G Suite Essentials で共同作業する必要がなくなったユーザーのアカウントを削除できます。G Suite Essentials の管理者は、ユーザーが所有するドライブのドキュメントやファイルを、管理者やマネージャーなど別のユーザーに移行できます。

ユーザーの削除によるアカウントとデータへの影響

G Suite Essentials からユーザーのアカウントを削除すると、そのユーザーのアカウントは一般ユーザー向けの Google アカウントに変更されます。削除されたユーザーは、一般ユーザー向けアカウントでアカウントのデータにアクセスできます。ユーザーのドライブ ファイルのオーナー権限を譲渡しない場合、ユーザーは引き続きファイルを所有し、管理者はコンテンツを管理できなくなります。

  • 削除されたユーザーは、招待されているビデオ会議や以前作成した会議には参加できます。
  • 組織の外部とのドライブ共有を許可する場合、削除されたユーザーは、別のユーザーに転送したファイルを含め、直接共有されたドライブ ファイルに引き続きアクセスできます。グループを通して共有されたファイルにはアクセスできません。

始める前に

ドライブの共有権限を確認する

削除されたユーザーが、他のユーザーに転送したファイルを含む直接共有されているファイルにアクセスできないようにするには、ドライブの権限を設定します。

注: 組織の外部とのドライブ共有を許可しても、削除されたユーザーはグループを通して共有されたドライブ ファイルにはアクセスできません。

管理者の役割を削除する(付与されていた場合)

管理者の役割を持つユーザーを削除するには、まずその役割を削除する必要があります。

共有ドライブにファイルを移行する

ユーザーのファイルは、新しいオーナーに譲渡するのではなく共有ドライブに移行することもできます。共有ドライブではメンバー全員が集団ですべてのファイルのオーナーとなっているので、退職したメンバーがいても、その他のメンバーはこれまでどおりファイルを使用できます。共有ドライブにファイルを保管することで、ファイルのオーナーのアカウント削除に伴いファイルが削除される心配がなくなります。

詳しくは、共有ドライブの概要共有ドライブへの既存のコンテンツの移行についてのページをご覧ください。

ユーザーを削除する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. (省略可)1 人のユーザーを削除するには次の操作を行います。
  5. (省略可)複数のユーザーを削除するには次の操作を行います。
    • [ユーザー] のリストで、削除する各ユーザーのチェックボックスをオンにします。
    • ページの上部にある、[その他次に [選択したユーザーを削除] をクリックします。

      Select the user or users to delete; then click the delete icon.  
       

      ヒント: すべてのユーザーが同じ組織部門に属している場合は、右側でその組織部門を選択するとユーザーを見つけやすくなります(左上の 開く をクリックすると組織ツリーが表示されます)。ユーザーが異なる組織部門に属している場合は、左側で [すべての組織部門のユーザー] を選択します。

  6. (省略可)ユーザー コンテンツのオーナー権限を譲渡するには次の操作を行います。
    • [ドライブとドキュメント] チェックボックスをオンにします。
    • (省略可)他のユーザーと共有されていないファイルを譲渡するには、[誰とも共有していないファイルを含める] チェックボックスをオンにします。
      重要
      • 別のユーザーに譲渡することができるのはドライブのコンテンツのみで、譲渡先のユーザーが新しいオーナーになります。
      • 削除されたユーザーは、組織の外部と共有できないようにドライブの権限を設定しない限り、別のユーザーに転送したコンテンツにアクセスできます。
      • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどだけでなく、すべてのファイル形式のコンテンツが譲渡の対象となります。
      • オーナー権限を譲渡しないドライブ コンテンツは、削除後もユーザーのアカウントに保持され、管理者の管理対象ではなくなります。
    • [移行先] ボックスに、ユーザーの名前またはメールアドレスの最初の数文字を入力してユーザー アカウントを検索します。目的のアカウントが表示されたら、そのアカウントを選択します。
  7. [削除] または [ユーザーを削除] をクリックします。

    タスクリストが自動的に開き、削除の処理状況が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。