組織内でメールを制限する

G Suite 管理者は、特定のユーザー間でのメールのやり取りを制限できます。たとえば、教育委員会で G Suite をご利用の場合、管轄区域内の高校生から小学生にメールを送信できないようにすることができます。

このような制限を適用するには、メールの送信者と受信者それぞれにコンプライアンス ルールを作成します。詳しくは、コンテンツ コンプライアンス ルールの設定をご覧ください。

2 つのコンプライアンス ルールを作成する

下記の例では、中学生や高校生から小学生にメールを送信できないように設定する手順を説明します。

手順 1: 送信ルールを作成する

送信ルールを作成して、ユーザータイプ(教員、小学生、高校生など)を特定できるヘッダーを内部メールに適用します。

 

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] [G Suite] [Gmail] [詳細設定] の順に開きます。
    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。
  3. 左側で、送信ルールを適用するユーザーの組織([高校生] など)を選択します。
  4. [コンプライアンス] セクションまでスクロールし、[コンテンツ コンプライアンス設定] にカーソルを合わせ、いずれかのオプションを選択します。
    • [設定] をクリックします。
    • すでに設定されている場合は、[編集] または [他にも追加] をクリックします。
  5. [高校生] から送信されたすべてのメールに高校のヘッダーを追加する」などのルールの説明を追加または更新します。
  6. [影響を受けるメール] で、[内部 - 送信] のみオンになっていることを確認します。
    [各メッセージで検索するコンテンツを表す表現を追加する] には何も追加しないでください。
  7. [上記の表現が一致する場合は、次の処理を行います] で、プルダウン メニューから [メッセージを変更] を選択します。
  8. [ヘッダー] で、[カスタム ヘッダーを追加する] をオンにします。
  9. [追加] をクリックします。
  10. [ヘッダーを追加] で、ヘッダーキーの欄に「user-type」、ヘッダーの値の欄に名前を入力します。例: X-user-type: 高校
  11. [保存] をクリックします。
  12. [設定を追加] または [保存] をクリックしてコンプライアンス設定を保存します。

別の組織(中学生など)へのメール送信を制限する必要がある組織ごとに上記の手順を繰り返します。

手順 2: 受信ルールを作成する

他の特定の内部ユーザーからのメールの受信を制限する必要があるユーザーに対して、受信ルールを作成します。

  1. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] [G Suite] [Gmail] [詳細設定] の順に開きます。
    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。
  2. 左側で、受信ルールを適用するユーザーの組織([小学生] など)を選択します。
  3. [コンプライアンス] セクションまでスクロールし、[コンテンツ コンプライアンス設定] にカーソルを合わせ、いずれかのオプションを選択します。
    • [設定] をクリックします。
    • すでに設定されている場合は、[編集] または [他にも追加] をクリックします。
  4. 高校または中学のヘッダーが付いたメールを小学生が受信しないようにする」などのルールの説明を追加または更新します。
  5. [影響を受けるメール] で、[内部 - 受信] をオンにします。
  6. [各メッセージで検索するコンテンツを表す表現を追加する] で、[追加] をクリックします。
  7. [表現] で、プルダウン リストから [高度なコンテンツ マッチ] を選択します。
  8. [場所] で、[完全なヘッダー] を選択します。
  9. [一致タイプ] で、[正規表現に一致しない] を選択します。
  10. [正規表現] に「^X-user-type: (高校|中学)$」と入力します。
  11. [正規表現の説明] に「高校または中学とマークされたメールを拒否する」と入力します。
  12. [保存] をクリックします。
  13. [上記の表現が一致する場合は、次の処理を行います] で、プルダウン メニューから [メールを拒否] を選択します。
  14. [拒否通知をカスタマイズ]で、メールが戻ってきた理由を差出人に伝えるための説明文を入力します。
    例: 「あなたの組織では [小学生] の組織にメールを送信することが許可されていないため、このメールは拒否されました。
  15. [設定を追加] をクリックします。
  16. [保存] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。