Plesk: G Suite の MX レコードを設定する

重要: G Suite のお申し込みにあわせてドメインを購入された場合、Gmail を設定する必要はなく、すぐに利用を開始できます。G Suite アカウントにログインしている状態で、右上のアプリ ランチャー アイコン アプリ 次に Gmail アイコン Gmail アイコン をクリックします。

この記事は、ドメインのビジネス用メールとして Gmail を設定する準備ができている方向けです(ドメインの所有権の証明がまだお済みでない場合は、そちらを先に行ってください)。

このためには、ドメインホストにログインして、ドメインのメールを G Suite のサーバーに配信する必要があります。これは、転居したときに郵便局に転居届けを出して、郵便物を新しい住所に届けてもらうことと似ています。下記に手順を説明します。

始める前に

  • ドメインの所有権を確認します

    確認が済んでいない場合は、MX レコードを使って確認できます。MX レコードの設定時に、その方法を説明します。

  • G Suite にチーム用のユーザー アカウントを作成します。

    チームメンバーがすでにドメインのメールアドレスを使用している(メールアドレスの末尾が使用ドメインになっている)場合は、MX レコードの設定を変更する前に、G Suite でメンバーのユーザー アカウントを作成する必要があります。作成しないと、Gmail のビジネス用メールアドレスを使用してメールを送受信できません

  • 設定ウィザードが表示されている場合は、「G Suite の MX レコードを追加する」の手順に進みます。ウィザードを開いていない場合は G Suite 設定ウィザードにログインします。このウィザードでは、新しい MX レコードを特定して Gmail にメールを転送するように Google に通知することができます。

MX レコードを変更して G Suite の使用を開始する

手順 1: ドメインホストにログインする

Plesk® は、多くのホスティング プロバイダで共有サービスやバーチャル プライベート サーバー(VPS)サービスの DNS 設定管理に使用されているツールです。Plesk へのアクセスについては、ご利用のドメインホストのサポートチームにお問い合わせください。

ドメインのローカル メールアドレスを設定している場合、MX レコードを G Suite に変更すると、ローカルの受信トレイが機能しなくなる可能性があります。これらの受信トレイをアクティブに保つために、ユーザー、メール エイリアス、ドメインをすべて追加してから、G Suite MX レコードに切り替えてください。

手順 2: DNS レコードに移動する

  1. Plesk のコントロール パネルで、[Domain] をクリックします。
  2. G Suite の MX レコードを設定するドメインをクリックします。
  3. [DNS Settings] をクリックします。

    A red circle highlights the DNS Settings option.

手順 3: 既存の MX レコードを削除する

  1. 削除する次のレコードのチェックボックスをオンにします。
    • dmarc.[ドメイン名].com(TXT レコード)
    • mail.[ドメイン名].com(A レコード)
    • [ドメイン名].com(MX 10 レコード)
    • webmail.[ドメイン名].com(A レコード)

    A red circle highlights the Remove button on the DNS tab.

    : 削除するレコードのうち最も重要なものは MX レコードです。ただし、競合を避けるために、メールとウェブメール用の DMARC TXT レコード(ある場合)と A レコードも削除する必要があります。

  2. [Remove] をクリックします。

手順 4: G Suite の MX レコードを追加する

メールが G Suite アカウントに配信されるようにするには、新しい MX レコードをドメインに追加する必要があります。追加するレコードは次のとおりです。
MX サーバー アドレス 優先度
ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
: 上記は G Suite のメールサーバーの値です。故障が起きた場合やメンテナンスが必要な場合に備え、5 つのサーバーを追加します。

ドメインのローカル メールアドレスを設定している場合、MX レコードを G Suite に変更すると、ローカルの受信トレイが機能しなくなる可能性があります。これらの受信トレイをアクティブに保つために、ユーザー、メール エイリアス、ドメインをすべて追加してから、G Suite の MX レコードに切り替えてください。

  1. [DNS] タブのツールバーで、[Add Record] をクリックします。

    A red circle highlights the Add Record button on the DNS tab.

  2. [Record Type] のリストで [MX] を選択します。
  3. [Mail Domain] 欄は空欄のままにします。
  4. [Mail exchange server] 欄に「ASPMX.L.GOOGLE.COM.」と入力します。

    レコードの最後にピリオドを付けてください。

  5. [Specify the priority of the mail exchange server list] で、レコードの優先度として [very high (0)] を選択します。

    Plesk の「very high(0)」という優先度は、上記の G Suite の MX レコードの表では最優先(1)に相当します。

    All fields of the MX record are complete

  6. [OK] をクリックします。
  7. 手順 1~6 を繰り返して、上記の表にある残りの MX サーバー アドレスと優先度の値をそれぞれ入力していきます。
  8. 別の方法(TXT レコード、HTML ファイル、メタタグなど)ですでに確認が済んでいる場合は、この手順をスキップしてください。

    ドメインを確認する必要がある場合:

    1. G Suite の設定ウィザードにある固有の MX 確認レコードを特定します。
    2. レコード全体(末尾は mx-verification.google.com)をコピーし、値、応答、参照先、ターゲットの列に貼り付けます。
    3. レコードの優先値がまたは 15 以上に設定されていることを確認します。

    MX records table with the verification record at the top.

  9. すべての MX レコードの追加が完了したら、[Update] をクリックします。

    The Update button is selected in the orange notice box.

    追加した MX レコードが DNS レコード テーブルに表示されます。

    All of the MX records are added and displayed on the DNS table.

手順 5: 新しい MX レコードを検出するよう Google に通知する

  1. 最初のタブまたはウィンドウで G Suite の設定ウィザードに戻ります。
  2. ウィザードの確認ステップをクリックして確認します。
  3. [確認] または [指定された手順を完了しました] をクリックして、新しい MX レコードを検索するよう Google に通知します。

これで、ご利用のドメインのビジネスメールが G Suite のメールサーバーに配信されるようになりました。

:

  • レコードが更新されるまで数時間かかることがあるため、Gmail で新着メールをすぐに受信できない可能性があります。変更が反映されるまでは、引き続き以前のメール プロバイダにメールが届きます。
  • 数時間経っても管理コンソールに [MX レコードの設定を確認しています] というメッセージが表示されている場合は、ホストに保存されている DNS レコードに MX アドレス レコードと優先値を正しく入力したことを確認します。
  • MX レコードの変更についてさらにサポートが必要な場合は、G Suite サポートにお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。