サードパーティ製ストレージ システム内のファイルを編集する

管理者は、Box などのサードパーティ製ストレージ システムに保存された Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイル(Google のファイル)を、組織内のユーザーが編集できるようにすることができます。

自分自身や共同で編集できるよう、サードパーティ製サーバーに保存された Google のファイルは 30 日間キャッシュに保存されます。ファイルがキャッシュに保存されている間、そのコンテンツには Google の利用規約が適用されます。サードパーティ製サーバーに保存された Google のファイルには、サードパーティの利用規約が適用されます。

また、サードパーティ製サーバーに保存された Google のファイルの管理、設定、削除、書き出しは、サードパーティ プロバイダの設定でのみ行えます。Google ドライブのファイル管理機能(アクセス制御、データの保管場所に関する契約、データ損失防止(DLP)、Vault の保持ポリシー、Drive API アクセスなど)を、サードパーティ製サーバーに保存されている Google のファイルに適用することはできません。

ユーザーが Box 内の Google のファイルを編集できるようにする

  1. Box の管理コンソールで Box for G Suite の統合を有効にします。詳しくは、統合を有効にする方法についてのページをご覧ください。
  2. G Suite の共有設定で、ユーザーがホワイトリスト登録済みドメイン以外のユーザーからファイルを受信できるよう設定されていることを確認します。
    1. Google 管理コンソールログインします。

      管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

    2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
    3. [共有設定] をクリックします。
    4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

      組織部門またはグループを選択できるのは、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、Drive Enterprise をご利用の場合のみです。(G Suite の各エディションの比較)。

    5. [[組織名] の外部との共有] で [ホワイトリスト登録済みドメイン以外のユーザーからのファイル受信を [組織名] のユーザーに許可する] チェックボックスをオンにします。
    6. [保存] をクリックします。

ユーザー アカウントの要件

  • 組織でストレージ プロバイダの有料アカウントをご使用の場合は、各ユーザーが G Suite アカウントを使用してログインする必要があります。

  • ユーザーのストレージ プロバイダ アカウントと G Suite アカウントに関連付けられたメールアドレスが一致する必要があります。アドレスを一致させるには、ユーザーのストレージ プロバイダ アカウントに関連付けられたメールアドレスを、G Suite アカウントのメール エイリアスとして追加します。管理コンソールでエイリアスを追加する方法についてのページをご覧ください。

補足情報

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。