ワーク インサイトの管理の概要

サポート対象エディション: Enterpriseエディションの比較

ワーク インサイトを使用すると、組織での Google Workspace の使用に関する詳細な指標を得ることができます。管理者、マネージャー、人事担当者といった方々がワーク インサイトのダッシュボードを使い、Google Workspace の利用状況、勤務形態、チーム間のコラボレーションなどのデータを分析することができます。

ワーク インサイトのダッシュボードの開き方、指標の確認や分析方法、Google Workspace の使用に関する問題の解決策について詳しくは、ワーク インサイトのヘルプセンターをご参照ください。

ワーク インサイトを設定する

まず管理者がどのチームの使用状況データをワーク インサイトのダッシュボードに表示するかを選択し、他のユーザーにそれらのデータへのアクセス権を付与します。それらのユーザーは、付与された権限に応じて、次のタイプでチームに関するデータをフィルタすることができます。

  • 組織部門 - 組織の構造に沿って分類されたチーム。ユーザーに複数の組織部門のデータへのアクセスを許可すると、ユーザーは部門ごとにデータをフィルタできるようになります。組織部門に関する詳細
  • 許可リストに登録されたグループ - グループに分類されたチーム(メーリング リストなど)。特定のグループだけでなく、許可リストに登録された全グループのデータへのアクセスをユーザーに許可することができ、ユーザーはデータをグループごとにフィルタすることができます。グループに関する詳細
  • マネージャーの配下チーム - あるマネージャーとそのレポートライン上の別のマネージャーの配下チームユーザーは、レポートラインのマネージャー チームごとにデータをフィルタリングできます。

ワーク インサイトの使用条件

ワーク インサイトは、前述の対応エディションでのみ使用することができます。対応エディションを使用しているにもかかわらずワーク インサイトにアクセスできない場合は、Google の営業担当者にお問い合わせください。

注: 併せて他の種類のライセンスも使用している場合、それらのライセンスを持つユーザーのデータがワーク インサイトに表示されます。

ワーク インサイトのプライバシー保護機能

ワーク インサイトには、ユーザーのデータのプライバシー保護に役立つ機能が用意されています。詳しくは、ワーク インサイトとユーザーからの信頼に関する記事をご参照ください。

承認を得る

ワーク インサイトの使用にあたっては、事前に組織の法務部や人事部に相談することをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false