共有オプションの設定: 従来の Google サイト

この記事は以前のバージョンの Google サイト(画面右上に [公開] ボタンのないもの)の管理者向けです。新しい Google サイトの管理者向けのヘルプはこちらをご覧ください。

ドメイン内のすべてのユーザーは、検索で見つけたサイトを共有することができます。ドメイン外部とのサイト共有を許可するかどうかは、管理者が共有オプションで設定します。サイト上のファイルは、ユーザーやグループと共有できます。ただし、200 を超える数のユーザーやグループとのファイルの共有に従来のバージョンの Google サイトを使用することはおすすめしません。

注: ユーザーは自分が作成したサイトのアクセス設定を行えますが、管理者が指定した範囲外のユーザーと共有することはできません。

従来の Google サイトの共有オプションを設定するには

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [サイト] にアクセスします。
  3. [アクセス設定 - 以前の Google サイト] を選択します。
  4. このページの [共有オプション] セクションで設定を選択します。
    • [ドメイン名] 外のユーザーとサイトを共有できません
      ドメインのユーザーのみが管理者やユーザーが作成したサイトを表示できます。
    • [ドメイン名] 外のユーザーとサイトを共有できます(毎回警告メッセージを表示します)
      ドメインのユーザーは自分で作成したサイトを閲覧できるよう外部のユーザーを招待できますが、ドメイン外のユーザーと共有するたびに通知が表示されます。
    • [ドメイン名] 外のユーザーとサイトを共有できます(警告メッセージは表示されません)
      組織のユーザーは自分で作成したサイトを閲覧できるよう外部のユーザーを招待できます。
    • ユーザーはサイトを公開できます
      ユーザーは、インターネット上の誰もが検索、アクセスできるようにサイトを公開できます。サイトはログインせずにアクセスできるようになり、検索エンジンのインデックスに登録されることもあります。
  5. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。