Meet のライブ ストリーミングを有効または無効にする

組織内限定のライブ ストリーミングは、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、G Suite Enterprise Essentials の各エディションでご利用いただけます。詳細については、G Suite の各エディションの比較をご覧ください。

Google Meet の高度な機能は 2020 年 9 月 30 日まで無料


2020 年 9 月 30 日まで、G Suite をご使用のお客様は Google Meet の高度なビデオ会議機能(250 人まで参加可能な大規模会議、ライブ ストリーミング、録画など)を無料でご利用いただけます。9 月 30 日より後は、お客様の G Suite 使用許諾契約で定められているとおりに Google Meet 機能を提供いたします。ただし、会議の録画ファイルは、会議の主催者の Google ドライブに保存され、削除されることはありません。

G Suite 管理者は、ライブ ストリーミングを有効にして、最大 10 万人のユーザーが Google Meet のビデオ会議を視聴できるようにすることができます。ユーザーがライブ ストリーミングを予定に追加するとストリームの URL が生成され、その URL を視聴のみの参加者に送信することができます。

注: 2020 年 6 月 15 日より、Meet を Google ハングアウトとは別に管理できるように、Google 管理コンソールに個別の設定が追加されました。

ライブ ストリーミングを有効または無効にする

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには: 部門ごとに設定するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを設定グループに追加します。

注:  通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google Meet] に移動します。
  3. [Meet の設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [ストリーム] をクリックし、[ユーザーに会議のストリーミングを許可します] チェックボックスをオンまたはオフにします。
  6. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。
    通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

会議のライブ ストリームを視聴できるユーザー

ライブ ストリームを視聴できるのは、組織内のゲストのみです。組織内のすべての参加者は、会議中にストリーミングを停止、開始したり、イベントを録画したりすることができます。視聴専用のゲストは、会議に参加したり、ストリーミングと録画をコントロールしたりすることはできません。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。