1. LDAP クライアントを追加する

この機能は G Suite Enterprise、Cloud Identity Premium、G Suite Enterprise for Education、G Suite for Education でご利用いただけます。

セキュア LDAP サービスの利用を開始するには、サービスに LDAP クライアントを追加する必要があります。

手順は次のとおりです。

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    ログインには個人用の Gmail アカウントではなく、特権管理者アカウントを使用してください。

  2. [アプリ] > [LDAP] に移動します。

  3. [LDAP クライアントの追加] をクリックします。

  4. [LDAP クライアント名] に名前を入力します(例: Atlassian Jira)。

  5. 省略可)追加した LDAP クライアントの説明を入力します(例: ソフトウェア デベロッパーやプロジェクト マネージャー向けの問題追跡アプリ。パリのデータセンターでホストされている)。

    説明欄は連絡先情報やアプリのオーナー名を記載するのに使用することもできます。

  6. [続行] をクリックします。

次の手順

LDAP クライアントを追加したらアクセス権限を設定し、追加した LDAP クライアントをセキュア LDAP サービスに接続する必要があります。その上でその LDAP クライアントのサービスのステータスを [オン] に切り替えます。

次の手順については、2. アクセス権限を設定するをご覧ください。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false