調査ツールの管理者権限

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Cloud Identity Premium でご利用いただけます。

調査ツールを使用するには、調査ツール権限を持っている管理者である必要があります。特権管理者はデフォルトでこの権限を持っていますが、特権管理者をカスタムの管理者ロールに追加することもできます。  

管理者用の調査ツール権限を追加する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[管理者の役割] に移動します。
  3. カスタムの管理者ロールにカーソルを合わせます。

    ヒント: 新しい管理者ロールを作成する必要がある場合は、カスタムロールの作成に関するページをご覧ください。

  4. [権限を表示] をクリックします。
  5. [権限を開く] をクリックします。
  6. [サービス] で [セキュリティ センター] 権限をクリックして展開します。
  7. [このユーザーにセキュリティ センターの完全な管理者権限を付与します] 権限をクリックして展開します。
  8. (省略可)セキュリティ センターのすべての機能(調査ツールを含む)へのアクセス権を管理者に付与するには、[このユーザーにセキュリティ センターの完全な管理者権限を付与します] チェックボックスをオンにします。フルアクセスを許可しない場合は、手順 8 に進みます。
  9. 調査ツールへのアクセスのみ許可するには、[調査ツール] 権限の個々のチェックボックスをオンにします。さまざまな種類のデータ(Gmail、ドライブ、デバイス、ユーザー)にアクセスするための特定の権限を追加できます。
    • メタデータと属性の表示 - 調査ツールでクエリを実行し、クエリから返された結果を確認します。結果には、メールの件名やドキュメントのタイトルといった機密コンテンツが含まれる可能性があります。たとえば、この権限によって管理者は Gmail のメッセージ ヘッダーを閲覧できます。
    • 更新または削除 - コンテンツを更新したり(ドキュメントの ACL の変更など)、メールを削除したりします。
    • コンテンツの詳細を表示する(ベータ版) - 調査ツールで Gmail のメールのコンテンツを表示します。この権限は、メールに関連している可能性のあるリスクを把握するのに役立ちます。
  10. [保存] をクリックします。

管理者権限について詳しくは、セキュリティ センターの管理者権限をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。