ユーザー アカウントの監査ログ

各アカウントでのユーザー アクティビティを確認する

組織の管理者は、ユーザーが各自のアカウントで行った重要な操作を確認できます。このような操作に該当するのは、パスワードの変更、アカウント再設定用情報(電話番号、メールアドレス)の変更、2 段階認証プロセスの登録などです。

ユーザー アカウントの監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側にある [監査ログ] で、[ユーザー アカウント] をクリックします。
  4. (省略可)確認する項目をカスタマイズするには、右側にある「列を管理」アイコン "" をクリックし、表示または非表示にする列を選択して [保存] をクリックします。

表示できるデータ

データの種類 説明
イベントの説明

イベントの概要

例:

アカウントのパスワードの変更 - [ユーザー名] さんがアカウントのパスワードを変更しました

アカウント再設定用のメールアドレスの変更 - [ユーザー名] さんがアカウント再設定用のメールアドレスを変更しました

日付

イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーン)。

IP アドレス ログに記録された操作に関連付けられた IP アドレス。このアドレスは、ユーザーの物理的な位置、プロキシ サーバー、バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)アドレスのいずれかを表すと考えられます。

イベント名

イベント名 説明
2 段階認証プロセスの無効化 ユーザーが 2 段階認証プロセスを無効にするたびに作成されます。
2 段階認証プロセスの登録 ユーザーが 2 段階認証プロセスに登録するたびに作成されます。
アカウントのパスワードの変更 ユーザーがアカウントのパスワードを変更するたびに作成されます。
アカウント再設定用のメールアドレスの変更 ユーザーが再設定用のメールアドレスを変更するたびに作成されます。
アカウント再設定用の電話番号の変更 ユーザーがアカウント再設定用の電話番号を変更するたびに作成されます。
アカウント再設定用の秘密の質問と回答の変更 ユーザーがアカウント再設定用の秘密の質問と回答を変更するたびに作成されます。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。