ユーザー アカウントの監査ログ

各アカウントでのユーザー アクティビティを確認する

組織の管理者は、ユーザーが各自のアカウントで行った重要な操作を確認できます。このような操作に該当するのは、パスワードの変更、アカウント再設定用情報(電話番号、メールアドレス)の変更、2 段階認証プロセスの登録などです。

ユーザー アカウントの監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側にある [監査ログ] で、[ユーザー アカウント] をクリックします。
  4. (省略可)表示するデータをカスタマイズするには、右側の列を管理アイコン "" をクリックします。表示または非表示にする列を選択 次に [保存] をクリックします。

表示できるデータ

ユーザー アカウントの監査ログには次の情報が含まれます。

データの種類 説明
イベントの説明

イベントの概要。例として次のようなものがあります。

  • アカウントのパスワードの変更 - [ユーザー名] さんがアカウントのパスワードを変更しました
  • アカウント再設定用のメールアドレスの変更 - [ユーザー名] さんがアカウント再設定用のメールアドレスを変更しました
日付

イベントが発生した日時(ブラウザのデフォルトのタイムゾーン)。

IP アドレス ログに記録された操作に関連付けられた IP アドレス。このアドレスは、ユーザーの物理的な位置、プロキシ サーバー、バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)アドレスのいずれかを表すと考えられます。

イベント名

[フィルタを追加] の [イベント名] で具体的なイベント名を選択し、そのイベントのデータをフィルタします。監査レポートには、設定した期間中に発生したすべてのイベントに対応するログエントリが表示されます。ほとんどのイベントにはわかりやすい名前が付いています。

イベント名 説明
2 段階認証プロセスの無効化 ユーザーが 2 段階認証プロセスを無効にするたびに作成されます。
2 段階認証プロセスの登録 ユーザーが 2 段階認証プロセスに登録するたびに作成されます。
アカウントのパスワードの変更 ユーザーがアカウントのパスワードを変更するたびに作成されます。

注: myaccount.google.com でパスワードを変更しているユーザーによるイベントです。次回ログイン時にパスワードの変更をユーザーに要求するよう設定している場合、この方法によるパスワードの変更はイベントに含まれません。

アカウント復元用のメールアドレスの変更 ユーザーが再設定用のメールアドレスを変更するたびに作成されます。
アカウント復元用の電話番号の変更 ユーザーがアカウント再設定用の電話番号を変更するたびに作成されます。
アカウント復元用の秘密の質問と回答の変更 ユーザーがアカウント再設定用の秘密の質問と回答を変更するたびに作成されます。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。