サードパーティ製のメール クライアントで Gmail を設定する

Microsoft® Outlook® や Apple® Mail® など、サードパーティ製のメール クライアントを使ったメールの送受信を希望する G Suite ユーザーが組織にいる場合の設定方法について説明します。

重要: Gmail との組み合わせには、OAuth に対応しているサードパーティ製メール クライアントのみ使用することをおすすめします。OAuth を使用することにより、ユーザー名やパスワードを入力することなくアプリやウェブサイトで Google アカウントのデータを共有できるようになります。OAuth に対応しているメール クライアントでは、Gmail アカウントをより安全に利用できます。OAuth の詳細

次のメール クライアントの最新バージョンで Gmail を使用することをおすすめします。

注: G Suite のサポートプランには、サードパーティ製品のサポートが含まれていない場合があります。この場合は、サードパーティ製メールアプリのサポートにお問い合わせください。

始める前に: 管理コンソールで IMAP を有効にする

ユーザーが Gmail をサードパーティ製メール クライアントと同期できるようにするには、管理アカウントで POP と IMAP の有効、無効を設定するの手順に沿って、管理コンソールで IMAP を有効にします。

Microsoft Outlook で Gmail を設定する

次のバージョンの Outlook が OAuth に対応しています。

  • Outlook for Office 365
  • Outlook 2019
  • Outlook 2016

お使いの Outlook のバージョンを確認してください。

注:

  • Windows インストーラ(MSI)を使用したボリューム ライセンス版の Outlook 2016 は、OAuth をサポートしていません。
  • Gmail アカウントから Outlook に接続すると、新しいログインが検出されたことを示す警告メッセージが受信トレイに届くことがありますが、これは想定された動作です。

Windows の Outlook で Gmail を設定する

Windows で Outlook をお使いの場合は、Microsoft Office サポートサイトの Gmail アカウントを Outlook に追加する(Outlook for Windows)をご覧ください。

Mac の Outlook で Gmail を設定する

Mac で Outlook をお使いの場合は、Microsoft Office サポートサイトの Gmail アカウントを Outlook に追加する(Outlook for Mac)をご覧ください。

Apple Mail で Gmail を設定する

Mail モバイルアプリで Gmail を設定する

モバイル デバイスで Mail をお使いの場合は、Apple サポートサイトの iPhone、iPad、iPod touch でメール アカウントを追加するの手順に沿って操作します。

重要: メール プロバイダを選択するよう求められたら、[Google] を選択します。

Mac の Mail で Gmail を設定する

Apple Mail 9.3 以降を搭載した Mac で Gmail を設定する手順を次に示します。

重要: バージョン 9.3 より前のバージョンの Apple Mail を使用している場合は、他のメール クライアントで Gmail を設定するの手順に沿って操作してください。

  1. パソコンで Apple Mail を開きます。
  2. [メール] 次に [アカウントを追加] をクリックします。
  3. [Google] を選択し、[続ける] をクリックします。

  4. メッセージが表示されたら、[Safari を開く] をクリックして、Google によって認証が完了されるようにします。

  5. Google の [ログイン] ウィンドウで G Suite の Gmail メールアドレスを入力し、[次へ] をクリックします。

  6. Google の [ようこそ] ウィンドウでパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。メッセージが表示されたら、[許可] を選択してアカウントに権限を付与します。
  7. [このアカウントで使用するアプリケーションを選択してください] で [メール] チェックボックスをオンにして、[完了] をクリックします。

旧バージョンの Outlook で Gmail を設定する

重要: Gmail との組み合わせには、OAuth に対応しているメール クライアントのみ使用することをおすすめします。OAuth に対応していないメール クライアントにリンクすると Google アカウントの安全性が低下します。

OAuth に対応していない旧バージョンの Outlook や他のメール クライアントで Gmail を使用する必要がある場合は、このセクションの手順に沿って操作します。

OAuth に対応していないメール クライアントの例を次に示します。

  • Outlook 2016 より前のバージョンの Outlook
  • Mail 8.3 より前のバージョンの Apple iOS Mail
  • Mail 9.3 より前のバージョンの Apple Mail

手順 1: 安全性の低いアプリを有効にする

OAuth に対応していない旧バージョンの Outlook などのメール クライアントを使用するには、安全性の低いアプリを有効にします。

 重要: 現在 Google では、安全性の低いアプリによる G Suite アカウントへのアクセスを無効にする措置を進めています。無効になると、新規ユーザーは OAuth をサポートしていないメール クライアントで Gmail を使用できなくなります。

手順 2: アプリ パスワードを作成して使用する

この手順は、確認コードを受け付けないメール クライアントにログインするのに 2 段階認証プロセスが必要なユーザーのみを対象としています。そうしたユーザーがメール クライアントにアクセスするには、アプリケーション固有のパスワードが必要です。
該当するユーザーには、アプリ パスワードを作成して使用するよう指示します。

手順 3: Gmail で IMAP を有効にする

ユーザーの各 Gmail アカウントで IMAP を有効にするよう指示します。

  1. Gmail で、右上にある設定アイコン  次に [設定] をクリックします。
  2. 上部にある [メール転送と POP/IMAP] タブをクリックします。
  3. [IMAP アクセス] の [IMAP を有効にする] をオンにします。
  4. 下部の [変更を保存] をクリックします。

手順 4: 旧バージョンの Outlook で Gmail を設定する

重要:

  • 以下に示されているメールアドレスとドメインは一例です。実際にお使いのメールアドレスとドメインに置き換えてください。
  • 以下の手順とスクリーンショットに示されているのは旧バージョンの Outlook ですが、これらの手順の値は他のメール クライアントでも使用できます。
  • 詳しくは、Gmail を他のメール クライアントと同期するための設定に関する記事をご覧ください。
  1. [アカウントの追加] をクリックします。

  2. [自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)] をオンにし、[次へ] をクリックします。

  3. [POP または IMAP] をオンにし、[次へ] をクリックします。

  4. [アカウントの追加] ウィンドウで、次の値を入力します。
    • 名前: G Suite の Gmail アカウントで使用する名前
    • 電子メールアドレス: G Suite の Gmail アドレス
    • アカウントの種類: IMAP
    • 受信メール サーバー: imap.gmail.com
    • 送信メール サーバー(SMTP): smtp.gmail.com
    • アカウント名: G Suite の Gmail アドレス
    • パスワード: G Suite の Gmail パスワード

    次に、[詳細設定] をクリックします。

  5. [インターネット電子メール設定] の [全般] タブに、次の値を入力します。
    • メール アカウント: G Suite の Gmail アドレス
    • (省略可)組織: 会社名または学校名
    • (省略可)返信電子メール: 返信用メールアドレス(自分のメールアドレスと異なる場合)

    次に、[送信サーバー] タブをクリックします。

  6. [送信サーバー] タブで、次の操作を行います。
    • [送信サーバー(SMTP)は認証が必要] チェックボックスをオンにします。
    • [受信メールサーバーと同じ設定を使用する] をオンにします。

    次に、[詳細設定] タブをクリックします。

  7. [詳細設定] タブで、次の値を入力します。
    • 受信サーバー(IMAP): 993
      • 使用する暗号化接続の種類: SSL
    • 送信サーバー(SMTP): 587
      • 使用する暗号化接続の種類: TLS

    注: 送信サーバー(SMTP)の暗号化接続の種類を [SSL] に変更する場合は、[送信サーバー(SMTP)] 欄に「465」(587 ではない)と入力します。

    次に、[OK] をクリックします。

Outlook で設定がテストされ、アカウントが正しく設定されるとメッセージが表示されます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。