送信先にメールが届かないことがある

Google Workspace のユーザーが受信メールの処理をカスタマイズすることがあるように、外部の受信者も、自分のニーズに合わせてメールシステムの設定を行うことがあります。その結果、こちらから送信したメールで問題が発生する場合があります。

一般的な問題と推奨される対応

メールが送信先の受信トレイに届くまでに 1 時間以上かかる
  • 過去 30 日以内に送信したメールについては、メールログ検索で受信者のメールシステムへの配信状況を追跡できます。
  • メール配信の遅延を見つけるには、受信したメールヘッダーをコピーしてヘッダー分析ツールに貼り付ける方法もあります。メールの送信中に遅延が発生したのか、配信を行う受信者のメールサーバーにメールが届いた後に遅延が発生したのかを確認できます。
受信側のメールサーバーが Google からの接続を拒否した

Google のサーバーから送信される外部メールを受信側のサーバーが拒否している場合、Google から配信エラーのレポートが届きます。これは「バウンスメール」と呼ばれることがあります。バウンスメールはユーザーの受信トレイに届き、メールが返送された旨が記載されています。

通常、バウンスメールには受信サーバーからの SMTP 応答が含まれ、そこにサーバー側での拒否理由が記載されています。

  1. 受信者に状況を説明し、送信元のドメインまたはメールアドレスを許可リストに登録してもらうよう依頼します。
  2. お困りの点がある場合は、サポートにお問い合わせください
送信したメールが受信側のメールシステムで迷惑メールに分類された

ドメインの SPFDKIMDMARC レコードを設定します。これにより、受信者はこちらが送信したメールの信頼性と送信元を確認できます。

メールを送信する際のベスト プラクティス

上記のような問題が発生するリスクを軽減するため、管理者は以下の対応を行ってください。

組織から送信するすべてのメールを認証する

ドメインの SPFDKIMDMARC レコードを設定します。これにより、受信者はこちらが送信したメールの信頼性と送信元を確認できます。また、スパマーがあなたのメールアドレスを偽装して検出されない状態になることを防止できます。

一括送信ガイドラインに従う

Google Workspace またはサードパーティ製のメールシステムからアンケートや広告などのメールを一括で送信する際は、Gmail ユーザーへのメールがブロックされたり迷惑メール扱いされたりしないようにするに記載されているおすすめの対策を講じてください。このことにより、送信するメールが受信側のメールシステムで迷惑メールに分類されたり、ドメインがブロックされたりするリスクを軽減できます。

他のメールシステムからのメールが Google Workspace を経由するようにルーティングする

SMTP リレーを使用できるケース:

  • スキャナ、プリンタ、ウェブアプリからメールを送信するように設定する(メールをスキャンする場合など)。
  • メールを使用できる Google 以外のシステム(CRM システム、チケット システム、マーケティング オートメーション システムなど)を追加して、送信メールに対して迷惑メールのスキャンを行う。

SMTP リレーでは、Google 以外のメールが Google Workspace ドメインから送信された形にすることで、メールの認証を実現します。

送信元のドメインを受信側で許可リストに登録してもらうよう依頼する

許可リストは、承認されている送信者のリストです。許可リストにドメインを登録するかどうかは受信者が判断することですが、登録することで、今後受信者にメールが届かないというリスクを大幅に軽減できます。なお、迷惑メールフィルタに相手のドメインを追加することで、同様に相手を許可リストに登録できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー