不審な添付ファイルのレポート

この機能は、G Suite Enterprise と G Suite Enterprise for Education でのみご利用いただけます。

このレポートでは、不審な添付ファイルがあるメールの数を確認できます。あまり使用されない変則的なファイル形式の添付ファイルや、信頼できない送信者からの添付ファイル(暗号化されていたり、スクリプトが含まれていたりする添付ファイル)は、悪意のあるコンテンツである可能性が高いと考えられます。

注: 信頼できない送信者とは、履歴に記録がない送信者や、評価の低い送信者のことです。

不審な添付ファイルのレポートを表示する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [セキュリティ] をクリックします。
  3. [ダッシュボード] をクリックします。
  4. [不審な添付ファイル] パネルの右下にある [レポートを表示] をクリックします。

不審な添付ファイルのグラフ

このグラフでは、次のようなメールが表示されます。

  • 暗号化あり - 暗号化された添付ファイル付きのメールの件数。暗号化された添付ファイルは、スキャンしても不正なソフトウェアを検出できません。
  • スクリプトを含む - スクリプトを含むメールの件数。悪意のあるスクリプトが含まれるドキュメントは、デバイスに損害を与える場合があります。
  • 異常 - 異常な添付ファイル付きのメールの件数。ドメインで普段やり取りされない形式の添付ファイルには、悪意のあるコンテンツが含まれている恐れがあります。

注: 凡例をクリックすると、グラフの線を非表示にできます。たとえば、[スクリプトを含む] をクリックすると、このデータが非表示になります。これは、線が重なっている場合に特に便利です。

グラフの上にあるプルダウン メニューを使用すると、グラフをカスタマイズして、特定の種類のメールについてのみ詳細を表示できます。

フィルタ 説明

分類: すべて、クリーン、迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア、不審

すべて - すべてのメールが示されます。
クリーン - Google の迷惑メールフィルタによって「クリーン」に分類されたメールのみが示されます。
迷惑メール - Google の迷惑メールフィルタによって「迷惑メール」に分類されたメールのみが示されます。
不正なソフトウェア - 「不正なソフトウェア」に分類されたメールのみが示されます。
フィッシング - 「フィッシング」に分類されたメールのみが示されます。
不審 - 「不審」に分類されたメールのみが示されます。

ドメイン レポート対象のドメインを選択します。
期間

今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したり、開始日や終了日を入力したりしてデータを表示し、レポートをカスタマイズします。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

注: このレポートには過去 31 日間のデータのみが表示されます。たとえば、パラメータを最長 60 日間に設定しても、31 日より前のデータはレポートに表示されません。

グラフのデータを含むスプレッドシートを生成するには、[スプレッドシートにエクスポート] をクリックします。グラフ内のデータに相当するスプレッドシートが生成され、[マイドライブ] フォルダに保存されます。

現在と過去のデータを比較する

現在のデータと過去のデータを比較するには、右上にある [統計分析] メニューから [パーセンタイル] を選択します。履歴データの 10、50、90 の各パーセンタイルを示すオーバーレイがグラフ上に表示されます(大半のデータは 180 日分、Gmail データは 30 日分)。別の分析を行う場合は、グラフの右上にあるメニューでオーバーレイの線を変更します。

不審な添付ファイルの表

特定の日付の不審な添付ファイルの詳細を表示するには、グラフで任意のデータポイントをクリックします。たとえば、件名、受信者、送信者、IP アドレスなどで、このレポートのデータを確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。