なりすましレポート

なりすましレポートでは、なりすましの可能性が認められるメールの件数を確認できます。

なりすましレポートを表示するには:

  1. admin.google.com から Google 管理コンソールにログインします。
    ログインには個人用の Gmail アカウントではなく管理者アカウントを使用してください。
  2. [セキュリティ] をクリックします。
  3. [ダッシュボード] をクリックします。
  4. [なりすまし] パネルの右下にある [レポートを表示] をクリックします。

なりすましのグラフ

このグラフでは、[類似したドメイン]、[表示名]、[ドメイン名] に該当するメールの件数を確認できます。

  • 類似したドメイン - 信頼できるドメインに見た目が似ているドメインから届いたメールの件数
  • 表示名 - 送信者名は G Suite ディレクトリに登録されているものの、送信元が会社のドメインやドメイン エイリアスではないメールの件数
  • ドメイン名 - ご利用のドメインから送信されたかのように装う、SPF や DKIM で認証されていないメールの件数

注: 凡例をクリックすると、グラフの線を非表示にできます。たとえば、[表示名] をクリックすると、表示名のなりすましに関連するデータが非表示になります。これは、線が重なっている場合に特に便利です。

グラフの上にあるプルダウン メニューを使用すると、グラフをカスタマイズして、特定の種類のメールについてのみ詳細を表示できます。

フィルタ 説明

分類: すべて、クリーン、迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア、不審
 

すべて - すべてのメールが示されます。
クリーン - Google の迷惑メールフィルタによって「クリーン」に分類されたメールのみが示されます。
迷惑メール - Google の迷惑メールフィルタによって「迷惑メール」に分類されたメールのみが示されます。
不正なソフトウェア - 「不正なソフトウェア」に分類されたメールのみが示されます。
フィッシング - 「フィッシング」に分類されたメールのみが示されます。
不審 - 「不審」に分類されたメールのみが示されます。

ドメイン レポート対象のドメインを選択します。
期間

今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したり、開始日や終了日を入力したりすることで、レポートをカスタマイズします。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

注: このレポートには過去 31 日間のデータのみが表示されます。たとえば、パラメータを最長 60 日間に設定しても、レポートのデータは 31 日間で切り捨てられます。

 

グラフ内のデータを含むスプレッドシートを生成するには、[スプレッドシートにエクスポート] をクリックします。グラフ内のデータに相当するスプレッドシートが生成され、[マイドライブ] フォルダに保存されます。

なりすましの表

特定の日付のなりすましの詳細を確認するには、グラフ内の任意のデータポイントをクリックします。たとえば、件名、受信者、送信者、IP アドレスなどで、このレポートのデータを確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。