相互運用を設定する

G Suite 管理者は、標準規格(SIP/H.323)を基盤としたサードパーティ製ビデオ会議システムのユーザーに、組織の Hangouts Meet のビデオ会議に参加してもらうことができます。対象となるのは以下のシステムです。

  • Cisco® 
  • Polycom®
  • Lifesize® 
  • Sony® 
  • Microsoft® Skype for Business® および Surface Hub®

サポート対象のデバイスのリストをご覧ください。

始める前に

Meet との相互運用には、G Suite パートナー プロダクトの Pexip Infinity ゲートウェイが必要です。

  1. ご利用のハイパーバイザまたはクラウド プラットフォーム用の Pexip Infinity の最新版をダウンロードします。
  2. Pexip Infinity Fusion ゲートウェイをインストールし、Meet で動作するよう設定します。

Meet との相互運用を有効にする

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには: 部門ごとに設定するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを設定グループに追加します。

手順 1: Google 管理コンソールで Hangouts Meet の設定にアクセスする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google ハングアウト] にアクセスします。

手順 2: 相互運用のためのゲートウェイを追加する

  1. [相互運用のためのゲートウェイ] 次に [ゲートウェイを追加] をクリックします。
  2. ゲートウェイの名前を入力し、[生成] をクリックします。
  3. [クリップボードにコピーするには、ここをクリックします] をクリックしてトークンをコピーし、[閉じる] をクリックします。
    サードパーティ製システムで会議に接続する際に確認メッセージを表示するか、確認メッセージを表示せずに接続するかを設定できます。
  4. [信頼できるデバイス] で、確認メッセージを表示するにはオフアイコン オフにする を、確認メッセージを表示しない場合はオンアイコン オンにする をクリックします。
  5. 上部の [Google ハングアウトの設定] をクリックします。

手順 3: Meet の相互運用を有効にする

  1. [Meet の設定] をクリックします。
  2. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  3. [相互運用] をクリックし、[他のシステムとの相互運用を有効にします] チェックボックスをオンにします。
  4. 外部ゲストがサードパーティ製システムから Meet 通話に参加する場合に使用する PIN のプレフィックス、IP、DNS サーバーのアドレスを入力します。Pexip Infinity ゲートウェイの設定と一致する情報を入力してください。
  5. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを設定した場合は、組織の設定を継承またはオーバーライドしたり、グループを設定解除したりできる場合があります。

Google が Pexip と共有する情報

組織の Hangouts Meet とサードパーティ製会議システム間の相互運用が有効になっている場合、Google は次の情報を Pexip に伝えます。

  • G Suite ドメインで相互運用が有効になっていること、認証トークンが作成されたこと。この情報は、Pexip 側で検証とコンプライアンス遵守のために必要となります。
  • 通話ログを含むデバッグ情報やトラブルシューティング情報(通話ログには、参加者 ID、会議コード、デバイス情報が含まれます)。
     

関連トピック

サードパーティ製システムから参加する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。