サードパーティ製システムとの相互運用をオンまたはオフにする

G Suite 管理者は、サードパーティ製ビデオ会議システムからドメインの Hangouts Meet ビデオ会議への参加を許可することができます。これらのシステムには Cisco、Polycom、Lifesize、Sony などの SIP システムや H.323 システムが含まれ、Microsoft Skype for Business クライアントと Surface Hub も使用できます。

始める前に

相互運用機能をオンにするには、Pexip Infinity Fusion ゲートウェイをダウンロードしてインストールします。

  • ご利用のハイパーバイザまたはクラウド プラットフォーム用の Pexip Infinity ソフトウェア プラットフォームの最新版をダウンロードします。
  • Pexip Infinity Fusion ゲートウェイをインストールし、Hangouts Meet で動作するよう設定します。

Meet でサードパーティ製システムとの相互運用機能をオンにする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [相互運用のためのゲートウェイ] をクリックします。
  4. 1 つ以上のゲートウェイを追加して、G Suite ドメインで Pexip Infinity ゲートウェイが認証されるようにします。
  5. Pexip Infinity ゲートウェイの設定で生成されたトークンをコピーします。
  6. すべてのサードパーティ製システムで会議に接続する前に確認メッセージを表示する場合は、[信頼できる端末] スイッチをオフにします。
  7. 組織のサードパーティ製システムが確認をスキップして接続できるようにするには、[信頼できる端末] スイッチをオンにします。
  8. [Meet の設定] をクリックします。
  9. 組織部門を選択します。
    組織部門を選択しない場合、設定は組織全体に適用されます。
  10. [相互運用] の横にある [他のシステムとの相互運用を有効にします] チェックボックスをオンにします。
  11. サードパーティ製のエンドポイントでカスタム ダイヤルプランを使用して Meet 通話に参加するには、PIN のプレフィックスを入力します。*
  12. 外部ゲストがサードパーティ製システムから Meet 通話に参加する場合に使用する IP アドレスを入力します。*
  13. 外部ゲストがサードパーティ製システムから Meet 通話に参加する場合に使用する DNS サーバーのアドレスを入力します。*
  14. [保存] をクリックします。

*Pexip Infinity ゲートウェイの設定と一致する必要があります。

Google が Pexip と共有する情報

組織の Hangouts Meet とサードパーティ製会議システム間のビデオ会議の相互運用が有効になっている場合、Google は G Suite ドメインの相互運用機能が有効で認証トークンが作成されたことを Pexip に伝えます。この情報は、Pexip 側でのライセンス導入の検証、コンプライアンス目的のレポートとエクスポート、ヘルプデスク機能に必要です。

また、相互運用を有効にすると、通話ログを含むデバッグ情報やトラブルシューティング情報を Google が Pexip と共有することに同意することになります。通話ログには、参加者 ID、会議コード、端末情報が含まれます。Pexip にこの情報を提供することで、サポート プロセスが効率化され、問題解決までのリードタイムが短くなります。
 

関連トピック

サードパーティ製システムから参加する
 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。