スタートガイド: ドライブの設定に関する管理者向けガイド

ドキュメントの作成機能を有効または無効にする

Google ドライブでは、ユーザーはドライブに加えドキュメント、スプレッドシート、スライドなどの Google ドキュメント エディタを使用できます。ドライブのみを使用したい場合は、ドキュメントの作成機能を無効にしてください。

ドキュメントの作成機能を無効にすると、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形描画の作成やコピーができなくなり、作成やコピーを行うためのメニュー項目、アイコン、その他のオプションは、G Suite アプリケーションに表示されなくなります。ただし、ユーザーは引き続き次の操作を行えます。

  • ドキュメント エディタで、すでに保有しているドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形描画を編集する。
  • 他のユーザーから共有されたドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形描画を編集、表示する。
  • ドキュメント エディタで Microsoft® Office ファイルを編集する。ドライブで Office ファイルを開く場合、ネイティブ アプリケーションまたは Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを使用できます。

新しいドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形図面を作成するオプションを無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから、[アプリ次に [G Suite次に [ドライブとドキュメント次に [機能とアプリケーション] をクリックします。
  3. [ドキュメントの作成] で [ユーザーによる新しいファイルの作成を許可しない] をオンにします。

    次にユーザーが G Suite の各アプリケーションを再読み込みすると、新しいドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、図形描画を作成またはコピーするオプションが表示されなくなります。

新しい Google サイトを有効または無効にする

別の設定から、新しい Google サイトを有効または無効にすることができます。この設定を行うことで、ユーザーに新しいバージョンの Google サイトの作成や編集を許可するかどうかを指定することができます。以前の Google サイトは、Drive Enterprise ではご利用いただけません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。