1. Meet への移行時期

従来のハングアウトから Meet への移行は、次の段階を踏んで行われます。すでに Hangouts Meet をご使用中の場合、この情報は無視していただいて構いません。組織で Meet が有効になっているかどうかをご確認ください。

フェーズ 1: 自動的に有効化(無効化も可能)

Meet とは、Google の推奨スケジュール* で Meet 対応にアップグレードする G Suite ドメインのビデオハングアウトです。つまり、次のようになります。

  • 新たに作成するカレンダーの予定には Meet のビデオ会議へのリンクが表示されるようになります。
  • 既存のイベントはそのまま維持されます。
  • Google ミーティング ルーム ハードウェアでも Meet が使用されます。
  • Meet が有効になっている場合でも、従来のビデオハングアウトに参加することは可能です。

* Google が推奨するスケジュールに沿ってアップグレードしているかどうか判断するには、管理コンソールの [アプリ] > [G Suite] > [Google ハングアウト] > [全般設定] にアクセスします。Meet 対応に自動的にアップグレードしたドメインには「Google の推奨スケジュールで Meet 対応にアップグレードします」と表示されます。

従来のハングアウトに戻す

G Suite 管理者は、特定の組織部門の Meet を無効にすることで、従来のビデオハングアウトに戻すことができます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [Meet の設定] をクリックします。
  4. 組織部門を選択します。
    組織部門を選択しない場合、設定は組織全体に適用されます。

  5. [新しい会議機能] の横にある [Meet でユーザーがビデオ会議を作成できるようにし、すべての Chrome devices for meetings が Meet を使用するように切り替える] チェックボックスをオフにします。
  6. [保存] をクリックします。

管理コンソールの設定について詳しくは、Meet のオンとオフを切り替えるをご覧ください。

フェーズ 2: すべてのユーザーに対する Meet の有効化(無効化は不可)

2019 年の早い段階で、IE® や Safari® ユーザーのサポートなど、従来のハングアウトと同等の機能を Meet でもご利用いただけるようになります。その後は、すべての組織部門およびドメインで Meet の利用が自動的に有効になり、無効化はできなくなります。このフェーズについては、G Suite アップデート ブログでお知らせします。また、Meet がすべてのユーザーに対して有効になる少なくとも 4 週間前に通知を行います。

このフェーズでは、新たに作成されるすべてのカレンダーの予定に Meet のビデオ会議へのリンクが表示されます。Chrome devices for meeting でも Meet が使用されるようになります。以前にスケジュール設定された、従来のビデオハングアウトに参加することも可能です。

フェーズ 3: 従来のビデオハングアウトの無効化

フェーズ 2(すべてのユーザーに対する Meet の有効化(無効化は不可))の完了から少なくとも 4 週間後には、従来のハングアウトがすべてのドメインで無効になります。従来のビデオハングアウトへのリンクをクリックすると、そのリンクが無効になったことを示すメッセージが表示されます。新規、既存を問わず、すべての予定で Meet が使用されるようになりますが、チャットから直接する通話には影響せず、カレンダーで予定されているビデオハングアウトにのみ影響します。

他にも質問がある場合

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。