ドライブ ファイル ストリームを構成する

ドライブ ファイル ストリームでは、Windows のデフォルト レターのドライブ、macOS のマウント ポイント、キャッシュの場所、帯域幅の制限、プロキシ設定などの構成項目をカスタマイズできます。これらの構成はユーザーレベルまたはホストレベルで設定され、ドライブ ファイル ストリームの再起動時にも保持されます。

設定を更新する場所

ドライブ ファイル ストリームの構成項目を設定するには、レジストリキーを更新(Windows)するか、defaults コマンドを使用(macOS)します。これらの更新方法に詳しくない場合は、管理者にお問い合わせいただくか、お使いのオペレーティング システムのマニュアルをご覧ください。また、管理者は、エンドユーザーが変更できないオーバーライド値を設定することができます。

Windows

ホスト全体 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Google\DriveFS
ユーザーのみ HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\DriveFS
オーバーライド HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\DriveFS

macOS

ホスト全体 /Library/Preferences/com.google.drivefs.settings
ユーザーのみ ~/Library/Preferences/com.google.drivefs.settings
オーバーライド /Library/Managed Preferences/com.google.drivefs.settings.plist
 

macOS の例

ホスト全体のマウント ポイント:
sudo defaults write /Library/Preferences/com.google.drivefs.settings DefaultMountPoint '/Volumes/Google Drive File Stream'

ホスト全体の信頼できる証明書ファイル:
sudo defaults write /Library/Preferences/com.google.drivefs.settings TrustedRootCertsFile /Library/MyCompany/DriveFileStream/MyProxyCert.pem

ユーザーの最大ダウンロード帯域幅:
defaults write com.google.drivefs.settings BandwidthRxKBPS -int 100

ユーザー対応ブラウザの認証:
defaults write com.google.drivefs.settings ForceBrowserAuth -bool true

設定

上記のレジストリ キーまたは defaults コマンドを使用して、以下に示す設定名と値の組み合わせを設定します。Windows では、レジストリキーが存在しない場合は作成します。macOS では、defaults コマンドによって設定用の plist ファイルが保持されます。一部の変更が適用されない場合があるため、plist ファイルを直接変更しないでください。

設定名 値の型 値の説明

BandwidthRxKBPS

DWORD(Windows)
数字(macOS)

1 秒あたりの最大ダウンストリーム KB。

BandwidthTxKBPS

DWORD(Windows)
数字(macOS)

1 秒あたりの最大アップストリーム KB。

ContentCachePath

文字列

これにより、接続済みの APFS、HFS+、NTFS ファイル システム上のコンテンツ キャッシュの場所へのパスが設定されます。

ドライブ ファイル ストリームが再起動すると、古いコンテンツ キャッシュ内のローカルデータが、新しいコンテンツ キャッシュの場所に移動します。カスタム設定を削除すると、データはデフォルトの場所に戻ります。

デフォルトのキャッシュ位置は次のとおりです。

Windows: %LOCALAPPDATA%\Google\DriveFS
Mac: ~/Library/Application Support/Google/DriveFS

DefaultMountPoint

文字列

Windows: マウントされたドライブレターを設定します。
環境変数を使用してドライブレターを指定できます。

macOS: マウントされたドライブパスを設定します。パスにチルダ(~)または環境変数を含めることができます。

DisableRealTimePresence*

DWORD(Windows)
ブール値(macOS)

Microsoft Office のリアルタイム プレゼンス機能を無効にします。

この機能は 10 月中旬よりドライブでご利用いただけるようになり、上記のヘルプセンター記事に関連の説明が掲載される予定です。

管理コンソールで組織部門に対して無効にすることもできます。ドライブ ファイル ストリームを導入するの手順 3 をご覧ください。

ForceBrowserAuth*

DWORD(Windows)
ブール値(macOS)

ブラウザ認証を使用します。

所属する組織でセキュリティ キーまたは SSO を使用している場合、この設定によりログインの問題を解決できる場合があります。

プロキシの設定:

DisableSSLValidation*

DWORD(Windows)
ブール値(macOS)

SSL トラフィックの検証を無効にします。トラフィックは引き続き暗号化されますが、上流サーバーの SSL 証明書がすべて有効であるかどうかの検証が行われなくなります。

これは本質的に安全ではありません。Google ドライブへのトラフィックが中間者攻撃の標的になる危険性があります。

ホスト全体のみで設定可能です。

TrustedRootCertsFile

文字列

これは、ホストの SSL 証明書を検証するために使用される代替ファイルへのフルパスです。プライバシー強化メール(PEM)形式である必要があります。復号化機能を持つプロキシを利用するネットワーク上にユーザーがいる場合に設定します。

このファイルには、ドライブ ファイル ストリームで提供されている roots.pem ファイルの内容とプロキシの認証で使用する証明書を含めます。追加する証明書は、端末の証明書ストアに追加したプロキシ署名証明書に対応している必要があります。

roots.pem は次の場所にあります。

\Program Files\Google\DriveFS\<version>\config\roots.pem
(Windows)

または

/Applications/Google\ Drive\ File\ Stream.app/Contents/Resources/roots.pem
(macOS)

ホスト全体のみで設定可能です。

DisableCRLCheck*

DWORD(Windows)
ブール値(macOS)

これにより、証明機関が提供する証明書失効リスト(CRL)のチェックが無効になります。

明示的に設定されていない場合は、TrustedRootCertsFile が指定されている場合はデフォルトで true になり、指定されていない場合は false になります。通常、コンテンツ検査プロキシで自己署名証明書を使用するサイトでは CRL を指定しません。

プロキシ証明書に CRL を指定した企業は、追加チェック用に DisableCRLCheck を明示的に 0 に設定できます。

* ブール値には、Windows では true に 1、false に 0 を使用し、macOS では truefalse を使用します。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。