データ リージョン: データの地理的な保管場所を選択する

管理者はデータ リージョン ポリシーを使用して、対象データを特定のリージョンに保管できます。指定できるリージョンは米国またはヨーロッパです。サポート対象のエディションをご使用でないユーザーは、データ リ―ジョン ポリシーの対象外となります。所属する組織部門にデータ リージョン ポリシーが適用されても、そのユーザーには適用されません。

対象となるデータの種類について詳しくは、データ リージョン ポリシーの対象となるデータをご確認ください。

ご利用の前に: トレードオフを考慮する

リージョンを指定することで、ネットワークおよびデータアクセスのパフォーマンスが改善されたり、調整が行われたりすることはありません。リージョンを指定する際は、以下の点にご注意ください。

  • 次のような場合に、データが配置されているリージョン外のユーザーの待ち時間が長くなる可能性があります。

    • リージョンをまたいで、共有のオブジェクトをリアルタイムで編集する場合
    • ドキュメントなどのファイルを、所有ユーザーのリージョン外のユーザーと共有する場合
    • 国外を移動中の場合
  • ごくまれなケースではありますが、選択されているデータ リージョンにおいて不可抗力の事態(自然災害など)が発生した場合には、そのリージョン外からデータにアクセスできなくなる可能性があります。

データ リージョンと Google Workspace のエディション

Google Workspace には、Fundamental データ リージョンとEnterprise データ リージョンの 2 種類のオプションがあります。

  • Fundamental データ リージョンは、Business Standard、Business Plus、Enterprise Standard、Frontline の各エディションに含まれています。
  • Enterprise データ リージョンは、Enterprise PlusEducation StandardEducation Plus に含まれています。
  Fundamental
データ リージョン
Enterprise
データ リージョン
ドメイン内のすべてのユーザーに対するデータ リージョン ポリシーを設定する ✔ 
特定の組織部門とグループに対するデータ リージョン ポリシーを設定する  
リージョンでのデータの移動状況を確認する  


Google Workspace Enterprise Plus エディションの管理者向けの情報:

  • 個々の組織部門に複数のサブスクリプション レベルのユーザーが混在している可能性があります。Enterprise データ リージョンを使用している場合、特定の組織部門に対してデータ リージョン ポリシーを設定すると、そのポリシーは組織部門内のユーザーのうち Enterprise Plus ライセンスが割り当てられているユーザーにのみ適用されます。
  • ライセンスの種類が混在しているドメインでは、一時的に Enterprise データ リージョンの設定が Fundamental データ リージョンの設定よりも優先される状態になります。ルート組織部門で Fundamental データ リージョン ユーザーの設定が保持されるように、現在この挙動について長期的な修正を行っています。

データ リージョン ポリシーを設定する

ステップ 1: 組織構造を設定する

全ユーザーのデータ保管場所を同じリージョンにする場合は、この手順を省略してください。

一部のユーザーのデータ リージョンを同じにしたり、特定の部署またはチーム用に別のデータ リージョンを指定したりすることもできます。部門ごとに設定するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがって、または部門内で一部のユーザーに設定するには、対象のユーザーのアカウントを設定グループに追加します。

注: 特定の組織部門とグループに対してデータ リージョン ポリシーを設定するには、Enterprise Plus サブスクリプションに含まれる Enterprise データ リージョンが必要です。使用しているサービスをアップグレードする手順については、Enterprise Plus エディションに切り替えるをご確認ください。

ステップ 2: データ リージョン ポリシーを設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [データ リージョン] に移動します。
    このオプションは、データ リージョン機能が含まれたライセンスをお持ちの場合にのみ表示されます。
  3. 全ユーザーにデータ リージョンを適用する場合は、最上位の組織部門が選択されたままにします。それ以外の場合は、組織部門または設定グループを選択します。
  4. データ リージョンを選択します。詳しくは、Google のデータセンターが置かれている場所についてのページをご確認ください。
    • 指定しない
    • 米国
    • ヨーロッパ
  5. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成している場合は、組織の設定の継承 / オーバーライドか、グループの設定解除を行うことができる可能性があります。
ステップ 3: リージョンでのデータの移動状況を確認する

データ リージョン ポリシーを設定後、データの移動状況を確認できるようになるまでには、24~48 時間ほどかかることがあります。

注: 移動状況を確認するには、Enterprise Plus サブスクリプションに含まれる Enterprise データ リージョンが必要です。使用しているサービスをアップグレードする手順については、Enterprise Plus エディションに切り替えるをご確認ください。

次の手順に沿って、データ リージョンの移動状況を確認します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから [レポート] に移動して、左側で [レポート] 次に [アプリレポート] 次に [データ リージョン] をクリックします。

[概要] カードで、ドメイン全体またはリージョンごとのデータ移動状況を確認できます。米国およびヨーロッパの各カードでは、個々のサービスのデータ移動の進行状況をリージョンごとに確認できます。移動の進行状況レポートについて詳しくは、移動の進行状況を確認するをご確認ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false