データの地理的な保管場所を選択する

この機能は G Suite Business、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Drive Enterprise エディションでご利用いただけます。エディションの比較

管理者はデータ リージョン ポリシーを使用することで、対象データをどのリージョン(米国またはヨーロッパ)に保管するか指定できます。

対象データの種類について詳しくは、データ リージョン ポリシーの対象となるデータをご覧ください。

データ リージョン ポリシー設定時の注意点

リージョンを指定することで、ネットワークおよびデータアクセスのパフォーマンスが改善されたり、微調整が行われたりすることはありません。リージョンを指定する場合は次の点にご注意ください。

  • 次のような場合に、データが配置されているリージョン外のユーザーの待ち時間が長くなる可能性があります。

    • リージョンをまたいで共有ファイルをリアルタイムで編集する場合

    • ドキュメントなどのファイルを、所有ユーザーのリージョン外のユーザーと共有する場合

    • 海外に出張する場合

  • ごくまれなケースではありますが、データ リージョンが選択されており、そのリージョンで不可抗力の事態(自然災害など)が発生した場合には、そのリージョン外からデータにアクセスできなくなる可能性があります。

組織構造を設定する

全ユーザーのデータ保管場所を同じリージョンにする場合は、この手順を省略してください。

一部のユーザーのデータ リージョンを同じにしたり、特定の部署またはチーム用に別のデータ リージョンを指定したりすることもできます。ユーザーを組織部門またはグループに配置してから、データ リージョン ポリシーを適用します。 
詳しくは、グループを使用したサービス設定に関する記事をご覧ください。

データ リージョン ポリシーを設定する

通常は、組織部門に一般的なポリシーを適用してから、ユーザー グループに例外を適用します。ユーザーのグループ設定は、組織部門の設定よりも優先されます。
 

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[会社プロフィール] 次に [プロフィール] にアクセスします。
  3. [もっと見る] をクリックします。
  4. [データ リージョン] をクリックします(このオプションは、データ リージョン機能が含まれたライセンスをお持ちの場合にのみ表示されます)。
  5. 次のいずれかの操作を行います。
    • 左側のメニューで、データの保管場所を指定する組織部門を選択します。
    • 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択します。
  6. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • 指定しない
    • 米国
    • ヨーロッパ
  7. 続行するには [保存] をクリックします。キャンセルする場合は [破棄] をクリックします。
  8. (省略可)ユーザー グループへのデータ リージョンの適用は、グループを使用したサービス設定に沿って行います。

データ リージョンの移行状況を確認する

データ リージョン ポリシーを設定後、データの移行状況を確認できるようになるまでには、24〜48 時間ほどかかることがあります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ダッシュボード] に移動します。
  3. 下部にある [情報カード] までスクロールします。

概要カードでは、ドメイン全体またはリージョンごとのデータ移行状況を確認できます。米国およびヨーロッパの各カードでは、個々のサービスのデータ移動の進行状況をリージョンごとに確認できます。移行状況レポートについて詳しくは、移動の進行状況を表示するをご覧ください。
 

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。