Oracle + Dyn: ドメインの所有権を確認する

ヒント: 所有権を確認する手続きを行う際に参照できるよう、この記事の手順を展開して印刷しておくと便利です。

所有権の確認が必要な理由

ドメイン所有権の確認が完了すると、G Suite、Drive Enterprise、Cloud Identity といった Google のサービスをご利用いただけるようになります。G Suite のライセンスをお持ちの場合、Gmail や Google ドライブのほか、G Suite アカウントに含まれるその他すべてのサービスをご利用いただけます。

所有権を確認する方法

Google サービスをお申し込みになる際に提供される確認レコードをコピーし、ドメインの設定画面に貼り付けます(ドメインの設定は、通常ドメインホストに保存されています)。

所有権の確認についてご不明な点がある場合は、サポートにお問い合わせください。G Suite(有償版)をご利用のお客様に、個々のニーズにあったサポートを迅速に提供いたします。Google Cloud サポートは、シルバー、ゴールド、プラチナのいずれかのサポートレベルのお客様にご利用いただけます。

ステップ 1: 一意の確認レコードを取得する

お申し込み時、設定ウィザードに確認レコードが表示されます。

設定ウィザードを開いていない場合: G Suite 設定ウィザードを見つけるを参照して確認レコードを探します。表示されている一意の確認レコードをコピーしてこの記事に戻り、ステップ 2: ドメインホストにログインするに進みます。

  1. [ドメインの確認とメールの設定] ページで [別の方法を選択] をクリックし、[ドメイン ホスト レコードを追加(TXT または CNAME)] を選択します。

     

    Choose a Different Method drop-down menu

     

  2. [値 / 応答 / 参照先] 欄に表示されている一意の確認レコード全体をコピーします。[値 / 応答 / 参照先] 欄に確認レコードの例が表示されています。

ヒント: TXT レコードの代わりに CNAME レコードが必要な場合は、設定ウィザードの [ドメインに新しい TXT レコードを追加] のステップで [CNAME レコードを追加する] をクリックします。

手順 2: ドメインホストにログインする
  1. 設定ウィザードの [ドメインの確認とメールの設定] ページでリンクをクリックし、ご利用のドメインホストのログインページを新しいタブで開きます。

    : ご利用のドメインへのリンクが設定ウィザードに表示されない場合は、Oracle® + Dyn® のサイトを新しいタブで開きます。設定ウィザードは最初のタブで開いたままにします。

  2. Oracle + Dyn のサイトの右上にある [Sign In] をクリックし、[Standard DNS] または購入した DNS 管理サービスを選択します。
  3. [Sign In] の下に、Oracle + Dyn でドメインを購入した際に作成したユーザー名とパスワードを入力します。
  4. [Log in] をクリックします。

    アカウント情報がわからない場合は、パスワードを再設定するか、Oracle + Dyn のサポートにお問い合わせください。

手順 3: 確認レコードをドメインの DNS レコードに追加する
  1. ウィンドウの左側で、[My Services] 次に [Domain names, DNS hosting, Dyn Email services] をクリックします。

    Domain names, DNS hosting, Dyn Email services option is selected.

  2. [Zone Level Services] までスクロールして、所有権を確認するドメインを表示し、[DNS Service] をクリックします。

    A red circle highlights the Dyn Standard DNS Service link.

  3. ドメインの DNS レコードに追加する確認レコードの種類に応じた手順を開きます。最も一般的なレコードである TXT 確認レコードを追加するには次のようにします。
    1. [TXT Records] までスクロールし、[Add TXT Record] をクリックします。

      Add TXT Record button is selected.

    2. 手順 1 でコピーした確認レコード全体を [Text] 欄に貼り付けます。
    3. [Hostname] 欄は空欄のままにします。

      A TXT record has been added to the Text field of the Add New TXT Record dialog box.

    4. [Create Record] をクリックします。レコードが保存され、ウィンドウの上部に [TXT record created] というメッセージが表示されます。
    CNAME 確認レコードを追加する
    1. [Hostname] までスクロールし、[Add Alias (CNAME)] をクリックします。

      Add Alias (CNAME) button is selected in the Hostname section.

    2. [Hostname] 欄に、設定ウィザードの [CNAME ラベル / ホスト] 欄からコピーした CNAME レコードを貼り付けます。
    3. [Alias to] 欄に、設定ウィザードの [CNAME 宛先 / ターゲット] 欄からコピーした CNAME レコードを貼り付けます。

      The Hostname and Alias to fields are filled out in the Add New Alias (CNAME) dialog box.

    4. [Create Record] をクリックします。ウィンドウの上部に [CNAME record created] というメッセージが表示されます。

ステップ 4: 所有権の確認を Google に依頼する

  1. 設定ウィザードに戻ります。
  2. [TXT 確認レコードを保存しました] チェックボックスをオンにし、[確認] をクリックします。
  3. G Suite のお客様は、次のステップに進んで Gmail を設定します。

G Suite: 次のステップ

次に、G Suite アカウントで Gmail を設定します。

  1. 設定ウィザードとご利用のドメインホストのウェブページを開いておきます。
  2. ブラウザのタブまたはウィンドウを新たに開き、ご利用のドメインホストでの Gmail(MX レコード)設定手順に沿って設定します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。