G Suite アプリの月間稼働時間

サービスの稼働時間数を表示する
アプリの月間稼働時間レポートでは、Google Workspace サービスの全世界での可用性を月単位で確認できます。稼働時間数と呼ばれるこの履歴データは、サービス運用の透明性確保を目的とした継続的な取り組みの一環として Google が提供しているものです。

アプリの月間稼働時間レポートを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側の [G Suite アプリの月間稼働時間] をクリックします。

アプリの稼働時間レポートについて

アプリの稼働時間レポートの詳細

  • 稼働時間数の対象となるのは標準のエディションのみで、これに該当するエディションは Business Starter、Standard、Plus、Enterprise、G Suite Basic、G Suite Business です。その他の G Suite の各種エディションやバージョンは対象に含まれません。
  • 稼働時間数は比率で表されます。ユーザーがサービスをリクエストしたときにそのサービスが利用可能な状況であった合計時間を、ユーザーがサービスの利用をリクエストした合計時間で割った値です。この比率は、Business Starter、Standard、Plus、Enterprise、G Suite Basic、G Suite Business をご利用のすべてのユーザーから集計したデータを使用して計算されます。
  • 稼働時間数は全世界の平均であり、特定のドメインでの稼働時間数ではありません。
  • 稼働時間数はサービス全体の可用性を示します。一時的に利用できなかった機能など、個々のサービス インシデントが含まれていたり対象になっていたりするとは限りません。
  • 稼働時間数は四半期ごとに公開されます。ただし、稼働時間数が公開されるまでの時間は、サービス インシデントなどの要因によって変動します。四半期が終わってからデータを調査、処理するのに数か月かかる場合があります。稼働時間数がまだ公開されていない場合は、しばらくしてからもう一度ご確認ください。

G Suite ステータス ダッシュボードとの比較

  • アプリの月間稼働時間レポート - Google Workspace サービスの信頼性を判断するには、このレポートを使用します。このレポートには、サービスの可用性(ユーザーがサービスにアクセスできたかどうか)に関する履歴データのみが表示されます。サービスの可用性を示す時間数には、あるサービスの特定の機能や性能に関するインシデントは対象として含まれません。
  • G Suite ステータス ダッシュボード - 特定のサービス インシデントについての情報を確認するには、このダッシュボードを使用します。このダッシュボードには、Google Workspace の各種サービス、およびサービスの機能や性能に関する特定のインシデントについて、リアルタイム データと履歴データの両方が表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。