セキュリティ調査ツールについて

セキュリティ センターは G Suite Enterprise、Drive Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Cloud Identity Premium でご利用いただけます。なお、Gmail や Google ドライブに関連するデータなど、セキュリティ センターの一部の機能は Cloud Identity Premium ではご利用いただけません。

G Suite の特権管理者は、ドメインにおけるセキュリティやプライバシーの問題を特定して優先順位を付け、対処することができます。

たとえば、調査ツールを使用すると、次の操作を行うことができます。

  • デバイスに関するデータにアクセスする。
  • デバイスのログデータから、データへのアクセスに使われているデバイスやアプリケーションを詳細に把握する。
  • メールのコンテンツなど、Gmail のメールに関するデータにアクセスする。
  • Gmail のログデータにアクセスして、悪意のあるメールの検索と削除、迷惑メールやフィッシング メールの分類、ユーザーの受信トレイへのメール送信を行う。
  • 停止中のユーザーの一覧を検索結果に表示します。
  • ドライブのログデータにアクセスして、組織内のファイル共有、ドキュメントの作成と削除、ドキュメントにアクセスしたユーザーなどを調査する。

調査ツールで管理者が行ったクエリと操作は管理コンソールの監査ログで確認できます(詳しくは、セキュリティ センターの管理者監査をご覧ください)。

注:

  • 調査ツールは、G Suite Enterprise と G Suite Enterprise for Education でのみご利用いただけます。ただし、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite Basic ライセンスが混在する組織では、特権管理者は調査ツールを使用して組織内のすべてのユーザー(G Suite Business または G Suite Basic ライセンス ユーザーを含む)の Gmail のログデータを確認できます。なお、特権管理者が確認できるドライブのログデータは、G Suite Enterprise または G Suite Business ライセンスを持っているユーザーのみが対象です。
  • 調査ツールを使用するには、委任管理者に G Suite Enterprise ライセンスが割り当てられている必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。