セキュリティ調査ツールについて

Google Workspace のプレミアム エディション(Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Plus) をご利用の特権管理者は、ドメインで発生しているセキュリティとプライバシーに関する問題を特定する、優先順位を付ける、対処するために、セキュリティ調査ツールを使用できます。

たとえば、次の操作を行うことが可能です。

  • デバイスに関するデータにアクセスする。
  • デバイスのログデータから、データへのアクセスに使われているデバイスやアプリケーションを詳細に把握する。
  • メールのコンテンツなど、Gmail のメールに関するデータにアクセスする。
  • Gmail のログデータにアクセスして、悪意のあるメールの検索と削除、迷惑メールやフィッシング メールの分類、ユーザーの受信トレイへのメール送信を行う。
  • 停止中のユーザーの一覧を検索結果に表示します。
  • ドライブのログデータにアクセスして、組織内のファイル共有、ドキュメントの作成と削除、ドキュメントにアクセスしたユーザーなどを調査する。

調査ツールで管理者が行ったクエリと操作は、管理者のログイベント データで確認できます(詳しくは、セキュリティ センターの管理者監査をご覧ください)。

調査ツールで使用できるデータソースについて詳しくは、セキュリティ調査ツールのデータソースをご覧ください。

セキュリティ調査ツールへのアクセス

  • セキュリティ調査ツールには Google Workspace のプレミアム エディション(Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Plus) が必要です。
  • Chrome ブラウザを使用して、インストールした Google アプリ(Gmail など)のログにアクセスできます。
  • 調査ツールで検索を実行できるかどうかは、ご利用の Google エディション管理者権限データソースによって決まります。調査ツールで特定のデータソースを検索できない場合は、代わりに監査と調査のページをご利用ください。
  • ユーザーが使用している Google エディションに関係なく、すべてのユーザーに対して調査ツールで検索を実行できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー