カレンダーの相互運用に関する問題のトラブルシューティング

カレンダーの相互運用でお困りの際は、次の解決策をご参照のうえトラブルシューティングを行ってください。

問題 解決策
Microsoft Exchange または Exchange Online(Microsoft Office 365)から特定の Google Workspace ユーザーの空き情報を確認しようとすると、ユーザーが見つからないとのエラー メッセージが表示されます。他の Google Workspace ユーザー アカウントの空き情報は確認できています。 その Google Workspace ユーザーに対して、Exchange または Exchange Online 環境でカスタムのメール連絡先が作成されていることを確認します。
Google Workspace から、一部の Exchange ユーザーの空き情報しか確認できません。 カレンダーの相互運用が機能するには、Exchange ユーザーのメールアドレスが、Google Workspace ドメインのアカウントまたは、一般ユーザー向けアカウントとして、Google ユーザーに使用されていないことが前提となります。

一部のアカウントの空き情報しか検索できないのは、おそらくカレンダーの相互運用の設定の問題ではなく、該当する Exchange アカウントが Google に登録されていることが原因だと考えられます。

解決策:

  • 該当のメールアドレスを Google 管理コンソールで検索します。見つかった場合は、そのユーザーが、Google カレンダーが無効になっている組織部門に所属していることを確認します。
  • 管理対象に含まれないユーザー(一般ユーザー)用の移行ツールを使って競合するアカウントを確認し、解決します。
  • Google Workspace にすでに存在するアカウントに対してカレンダーの相互運用を利用する場合は、カレンダーが無効になっている組織にその Google Workspace アカウントを一時的に移動します。
Exchange から Google Workspace ユーザーの空き情報を確認できません。

ユーザーの空き情報検索テスターツールを使用してテストを行います。

このテスターツールは、Exchange を使用してユーザーの空き情報を取得します。Google Workspace のメールアドレスを入力すると、Exchange で Google Workspace の空き情報を取得します。Exchange のメールアドレスを入力すると、Exchange ユーザーの空き時間を取得します。また、Exchange で発生した詳細なエラー メッセージが表示されます。

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

Google Workspace から Exchange ユーザーの空き情報を確認できません。

ユーザーの空き情報検索テスターツールに Exchange ユーザーのメールアドレスを入力してテストを行います。このテストを行うことで、ユーザーの空き情報の解決リクエストが Exchange に送られます。テスターに詳細なエラー メッセージが表示されます。

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

空き情報検索テスターツールでエラーが見つからなくても、Google カレンダーのウェブ インターフェースには間違った情報が表示されることがあります。たとえば、次のような現象が起きることがあります。

  • Exchange では予定なしと表示されるユーザーが、Google カレンダーには予定ありと表示される

  • Exchange では予定ありと表示されるユーザーが、Google カレンダーには予定なしと表示される

  • 「カレンダーを表示できません」というエラー メッセージが表示される

このような現象の原因として最も多いのは、その Google Workspace ユーザーまたは Google ユーザーが、Google カレンダーを有効にしていることです。詳細

(別の Google Workspace アカウントのユーザーである場合でも)このユーザーの Google カレンダー サービスが無効になっていることを確認してください。

予定の詳細の機能がオンになっているのに Exchange ユーザーに Google Workspace ユーザーの予定の時間枠しか表示されません。

選択した Google のロール アカウントが、必要なカレンダーと予定の詳細にアクセスできることを確認します。

  1. Google カレンダーでアカウントにログインし、Microsoft Outlook で詳細が表示されない Google カレンダーにアクセスできるかどうかを試します。
  2. Google カレンダーでは詳細が表示されることを確認します。

カレンダーの相互運用の認証設定が古いため、空き情報にしかアクセスできない可能性があります。その場合は、Exchange 認証情報生成ツールを使用して Exchange の認証情報を再生成し、Exchange サーバー設定ツールを使用して可用性アドレス スペースを更新します。詳しくは、Google カレンダーの空き情報の共有を設定する手順 3~5 をご覧ください。

予定の詳細表示機能が有効になっているにもかかわらず、Google カレンダーのユーザーに表示されるのは Exchange ユーザーの予定の時間枠のみです。

選択した Exchange のロール アカウントが、必要なカレンダーと予定の詳細にアクセスできることを確認します。

  1. Outlook でアカウントにログインし、Google カレンダーで詳細が表示されない Exchange カレンダーにアクセスできるかどうかを試します。
  2. Outlook では詳細が表示されることを確認します。

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。