ユーザーにファイルのアクティビティ(アクティビティ ダッシュボード)が表示されるようにする

 

アクティビティ ダッシュボードは、監査や法的な目的のためのものではありません。ユーザー アクティビティを監査するには、ドライブの監査ログを使用してください。

G Suite 管理者は、ユーザーがアクティビティ ダッシュボードで各ユーザーのファイル アクティビティを互いに表示するかどうかを管理できます。ファイルのアクティビティには、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドの各ファイルを閲覧したユーザーの名前や、閲覧した時間が含まれます。

このデータを利用すると、ファイルの編集者が共同編集者のフォローアップに関する意思決定を情報に基づいて行えます。ファイルのアクティビティ ダッシュボードを表示するには、ユーザーにそのファイルに対する編集権限が必要であり、またユーザーがファイルのオーナーと同じドメイン内にいる必要があります。外部のドメインで所有されているファイルのアクティビティ ダッシュボードを閲覧することはできません。

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

ユーザーが管理できる設定

ユーザーは、自身のファイル閲覧に関する情報をアクティビティ ダッシュボードに表示するかどうかを管理できます。

たとえば、管理者がユーザーの閲覧履歴をオンにした場合でも、ユーザーがプライバシー設定でダッシュボードにファイル閲覧情報を表示しないよう設定することができます。管理者がアクティビティ ダッシュボードでユーザーの閲覧履歴をオフにした場合、ユーザーが自分の閲覧履歴をオンにすることはできません。

詳しくは、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを閲覧したユーザーの表示についての記事をご覧ください。

組織のファイル閲覧設定を確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

    組織部門またはグループを選択できるのは、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、Drive Enterprise をご利用の場合のみです。(G Suite の各エディションの比較)。

  4. [アクティビティ ダッシュボードの設定] をクリックします。
  5. [ユーザーの閲覧履歴] の横で、対象ユーザーのファイル閲覧情報を表示できるユーザーを指定する設定を選択します。
    • オン(推奨): ユーザーが自分の閲覧情報を非表示にしない限り、アクティビティ ダッシュボードに閲覧情報が 5 件表示されます。この情報を確認できるのは、ファイルの編集権限のあるユーザーです。組織内のユーザーの閲覧情報が、他の組織が所有するファイルのアクティビティ ダッシュボードに表示される可能性があります。
    • オン - <ドメイン名> 内のみ: 個々のユーザーの閲覧情報が表示されるのは、自ドメインで所有しているファイルのアクティビティ ダッシュボードにのみで、それを閲覧できるのは自ドメイン内のユーザーのみです。組織内のユーザーが他のドメインで所有されているファイルに対して行った操作は、その組織のユーザーに開示されません。
    • オフ: お客様の組織のファイル閲覧情報は、どのファイルのアクティビティ ダッシュボードにも表示されません。外部ユーザーのアクティビティ ダッシュボードの設定によっては、内部ユーザーのファイルを外部ユーザーが閲覧したかどうかを内部ユーザー自身が確認できる場合もあります。
  6. G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、Drive Enterprise をご利用の場合は、ユーザーが編集権限を持つファイルに関するアクティビティ ダッシュボード データの閲覧をそのユーザーに許可するかどうかを、[アクティビティ ダッシュボードへのアクセス] で設定できます。
    • オン: アクティビティ ダッシュボードで [閲覧者] や [閲覧者のトレンド] をドメイン内のユーザーが参照できるようにします。[ユーザーの閲覧履歴] もオンにすることをおすすめします。
    • オフ: アクティビティ ダッシュボードで [閲覧者] や [閲覧者のトレンド] をドメイン内のユーザーが参照できないようにします。[ユーザーの閲覧履歴] もオフにすることをおすすめします。

アクティビティ ダッシュボードとよくある質問について詳しくは、G Suite のアップデート ブログをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。