リソース名を変更する

カレンダー リソースの名前を変更するには、アカウントに割り当てられているカレンダー リソースの権限を持つ管理者ロールが必要です。サービス管理者の既成のロールにはあらかじめカレンダー リソースの権限が割り当てられているので、このロールを利用したり、あるいはカレンダー リソースの管理者用にカスタムのロールを作成したりできます。手順については、ユーザーに管理者の役割を割り当てるカスタムの管理者の役割を作成するをご覧ください。

カレンダー リソースの名前を変更するには次の方法があります。

  • Directory API を使う
  • 管理コンソールの [カレンダー] から操作する

リソースの名前を変更すると、ユーザーが以前に自身のカレンダー リストからそのリソースの名前を変更している場合を除き、すべてのユーザーに対して変更が反映されます。新しい名前を表示するには、カレンダーの更新が必要な場合があります(更新が反映されるまでには最長で 30 分ほどかかる場合があります)。

: カレンダー リスト内のカレンダーの名前を変更した場合は、すべてのユーザーには反映されず、自身のカレンダー ビュー上のカレンダー名のみ変更されます。

管理コンソールでリソース名を変更する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [カレンダー] にアクセスします。
  3. [リソース] をクリックします。
  4. 名前を変更するリソースを選択し、リソースの編集アイコン 編集 をクリックします。
  5. 新しいリソース名を入力します。
  6. [リソースを更新] をクリックします。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。