デバイスの不審なアクティビティ レポート

デバイスの不審なアクティビティ レポートでは、指定した期間内に会社所有デバイスに対して行われた不審なアクティビティの詳細を確認できます。このレポートを使用して、不審なアクティビティが行われたデバイスの ID、所有者、タイムスタンプを確認できます。

モバイルデバイス上でデバイスのプロパティが更新された場合、この変更は不審なアクティビティとみなされます。デバイスのプロパティには、シリアル番号、デバイスの機種、オペレーティング システムの名前などが含まれます。

デバイスの不審なアクティビティ レポートを表示するには:

  1. admin.google.com から Google 管理コンソールにログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく管理者アカウントを使用してください。
  2. [セキュリティ] をクリックします。
  3. [ダッシュボード] をクリックします。
  4. [デバイスの不審なアクティビティ] パネルの右下にある [レポートを表示] をクリックします。

レポートに表示するデータの期間を今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したり、開始日や終了日を入力したりできます。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

デフォルトでは、グラフには [すべてのドメイン] のデータが表示されます。特定のドメインを選択するには、[ドメイン] プルダウン リストから選択します。

注: このレポートには Android 搭載デバイスのデータのみが表示され、iOS 搭載デバイスのデータは表示されません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。