デバイスの不正使用とみなされるイベント レポート

デバイスの不正使用とみなされるイベント レポートでは、特定の期間に発生した不正使用デバイスとみなされるデバイス イベントの詳細を確認できます。このレポートを使用して、不正使用デバイスのデバイス ID、デバイスの所有者、タイムスタンプを確認できます。

通常とは異なる次のようなイベントが検出されると、デバイスが不正使用されたとみなされることがあります。

  • iOS デバイス - iOS デバイスは、制限解除されると不正使用デバイスとみなされます。制限解除デバイスでは、非公式のアプリのインストール、それまでは制限されていた設定の変更、セキュリティ機能の迂回が可能になります。
  • Android 搭載デバイス - Android 搭載デバイスは、デバイスのルート権限が取得されると不正使用デバイスとみなされます。デバイスのルート権限が取得されると、デバイス上のソフトウェア コードを変更したり、メーカーが通常許可していないソフトウェアをインストールしたりすることができます。

デバイスの不正使用とみなされるイベント レポートを表示するには:

  1. admin.google.com から Google 管理コンソールにログインします。
    ログインには個人用の Gmail アカウントではなく管理者アカウントを使用してください。
  2. [セキュリティ] をクリックします。
  3. [ダッシュボード] をクリックします。
  4. [デバイスの不正使用とみなされるイベント] パネルの右下にある [レポートを表示] をクリックします。

レポートに表示するデータの期間を今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したり、開始日や終了日を入力したりできます。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

デフォルトでは、グラフには [すべてのドメイン] のデータが表示されます。特定のドメインを選択するには、[ドメイン] プルダウン リストから選択します。

注: このレポートには、Android 搭載デバイスと iOS 搭載デバイスの両方のデータが表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。